ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

新型コロナウィルス感染症対策の「基本的対処方針」の一部変更に伴うマスク着用の考え方について

[2022年6月6日]

ID:37042

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウィルス感染症対策の「基本的対処方針」の一部変更に伴うマスク着用の考え方について

 5月23日、国の「新型コロナウィルス感染症対策の基本的対処方針」の一部が変更され、マスク着用の考え方が整理され示されました。

 熱中症防止等の観点から、屋外では、人との距離(2メートル以上を目安)が確保できる場合や、距離が確保できなくても、会話をほとんど行わない場合では、マスクを外すことが推奨されています。

 下記の内容をご確認のうえ、地域活動(イベント)等に取り組んでいただく際には、屋外ではマスクを外すなどの対応が必要な場合もありますが、「正しいマスクの着用」「人と人との距離の確保」「手洗い・消毒・換気」など感染拡大を防ぐ対策を実施していただきますようお願いいたします。

 
  1.  マスクの着用について
     「マスク着用の考え方 別紙 厚生労働省(令和4年5月23日)」
 (※令和4年5月23日付 新型コロナウィルス感染症対策の基本的対処方針改訂後)
身体的距離が確保できる(2メートル以上を目安)会話を行う、屋内(注1)、着用を推奨する。屋外、着用の必要はない。会話をほとんど行わない(注2)、屋内(注1)屋外とも着用の必要はない。 身体的距離が確保できない、会話を行う、屋内(注1)屋外とも着用を推奨する。会話をほとんど行わない(注2)、屋内(注1)、着用を推奨する。屋外、着用の必要はない。
(注1)外気の流入が妨げられる、建物の中、地下街、公共交通機関など
(注2)例えばスポーツイベント等で得点が入った時に一時的に歓声がある場合は、
「会話をほとんど行わない」には含まれないので注意してください。
特に夏場については、熱中症予防の観点から、屋外の「着用の必要はない」場面で、マスクを外すことを推奨。
高齢者等との面会時や病院内など重症化リスクの高い者と接する場合にはマスクを着用を推奨。
 
  2.  1を踏まえた上で地域活動(イベント)を実施される場合には、感染防止対策の基本的な留意事項をまとめた「岡山市地域活動(イベント)等の開催における新型コロナウィルス感染症ガイドライン」を参考にするなどして、感染防止のための必要な措置を講じていただくようお願いします。

お問い合わせ

市民協働局市民協働部市民協働企画総務課市民活動支援室

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1061 ファクス: 086-803-1872

お問い合わせフォーム