ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

岡山市備蓄食糧給付事業について

[2010年2月8日]

ID:11890

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

岡山市備蓄食糧給付事業について

炊き出し訓練の風景の画像

炊き出し訓練の風景

岡山市では、自主防災組織や町内会等が実施する防災訓練・研修・講座・学習会・イベント等に対して、備蓄食糧の給付を行っています。

給付する備蓄食糧は、アルファ化米(おかゆ含む)、クラッカー(ライスクッキー含む)、水(500ml入り)です。

ただし、災害が発生し、災害現場で大量の備蓄食糧の必要性が生じた場合には、給付を中止する場合があります。

備蓄食糧給付の流れ

  1. 訓練等実施予定日の概ね2週間前までに危機管理室へ申請書を提出する
  2. 危機管理室から給付決定の連絡を受ける
  3. 危機管理室において備蓄食糧を受け取る(受領書を提出)
  4. 訓練等が終了後、2週間以内に実績報告書を提出(訓練等の写真添付)

詳しくは、下記の連絡先まで、お問い合わせください。

アルファ化米

【アルファ化米】
アルファ化米とは、ご飯を乾燥させたものです。
お湯又は水を注ぐだけで、いつでもご飯
ができあがります。

クラッカー

【クラッカー】
1食分として、プラスチックフィルム袋に、
26枚(88グラム)のクラッカーが入っています。

ライスクッキー

【ライスクッキー】
1食分として、小箱に8枚(48グラム)
の米粉クッキーが入っています。

岡山市備蓄食糧等給付申請書の様式

お問い合わせ

危機管理室

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1082 ファクス: 086-234-7066

お問い合わせフォーム