ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

新型コロナ感染症に関する受診(検査)の流れと相談窓口について

[2022年12月23日]

ID:21429

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

【重要】令和4年12月20日「岡山県医療ひっ迫警報」が発令されました

 令和4年12月20日に、「岡山県医療ひっ迫警報」別ウィンドウで開くが発令されました。 

 年末年始にかけて、帰省など移動が多くなる時期を迎えることから、感染者がさらに増え、発熱外来・救急外来に多くの患者が殺到し、重症化リスクの高い方がすぐに受診できない状況が発生する恐れがあります。

 発熱などの体調不良時にそなえて、抗原検査キットや解熱鎮痛薬の購入などの準備をお願いします。

適切な受診に関して、以下の3点についてご協力をお願いします

  1. 13歳から64歳までの重症化リスク因子がない方で、症状が軽い場合は、抗原定性検査キットを用い、陽性者診断センターの利用を検討してください。
  2. 受診する際は、休日や夜間ではなく、なるべく平日の日中にかかりつけ医や、最寄りの診療・検査医療機関(発熱外来)を受診してください。
  3. 救急外来及び救急車は、真に必要な場合に限り利用してください。

〇岡山県ホームページ「医療逼迫警報について」別ウィンドウで開く

のどの痛みや発熱などの症状が出たら‥

1 新型コロナウイルスの重症化リスクが高い方は(高齢者・基礎疾患を有する方・妊婦など)

発熱外来(診療・検査医療機関)を受診してください

重症化リスク因子
65歳以上である喫煙歴がある妊娠している肥満
(BMI30以上)
 
糖尿病がん慢性腎臓病脳血管疾患慢性呼吸器疾患(COPDなど)
高血圧脂質異常症心血管疾患免疫機能の低下の可能性がある 

2 13歳から64歳で新型コロナウイルスの重症化リスクが低い方は

症状が軽い場合は、購入した抗原定性検査キット(※1)を用いた自己検査をご検討ください

〇詳しくは、「13歳から64歳の重症化リスクの低い方(ページ内リンク)」をご参照ください。

※1 「研究用」ではなく国が承認した「医療用」もしくは「一般用」の抗原検査キットを使用すること。

3 小学生以下の子どもは

かかりつけ医はじめ地域の小児科医などにご相談ください

  • 機嫌がよく辛そうでなければ、慌てずに様子をみたり、かかりつけ医にご相談ください。
  • 2歳未満では新型コロナ、5歳未満ではインフルエンザ、基礎疾患のある子どもは年齢に関わらず両方の重症化リスクがあります。
  • 受診を迷ったり、夜間や休日の場合は、電話相談窓口(♯8000)もご利用いただけます。

〇詳しくは「小児がコロナに感染した場合の症状と緊急性について(ページ内リンク)」をご参照ください。

発熱外来(検査・診療医療機関)を探す場合

1 かかりつけ医がいる方は

  • かかりつけ医に電話でご相談ください。
  • かかりつけ医が発熱外来でない場合は、発熱外来を紹介をしてもらえます。

2 かかりつけ医がいない方は

岡山県ホームページの「発熱外来」(曜日毎に掲載)から受診可能な医療機関を探してください

受診時の注意事項

  • 必ず事前に電話をして予約の上、受診してください(予約なしに受診をすることは控えてください)。
  • 救急車・救急外来の利用は、真に必要な場合に限るようご協力をお願いします。
  • 受診時には、不織布のマスクを着用してください。

3 受診先が分からない場合は

岡山市新型コロナウイルス受診相談センター(電話086-803-1360)へ。

  • 平日は午前9時から午後9時、土・日・祝日及び年末年始(12月29日から1月3日)は午前9時から午後5時まで。
  • 受診先への紹介や、混雑状況のお答え等は行っておりません。
  • ファクシミリ(086-803-1848)でも相談は可能ですが、対応までに時間がかかる場合がありますので、できるだけお電話でのご連絡をお願いします。

【参考】リーフレット

新型コロナウイルス感染症の相談・受診の流れ

小児がコロナに感染した場合の症状と緊急性について

 お子様がコロナに感染した場合の主な症状と対応方法をまとめたリーフレットです。急いで受診が必要かどうか、緊急性を判断する場合の参考としてご利用ください。

小児がコロナに感染した場合の症状と緊急性について

(公社)岡山県医師会・岡山県作成リーフレット

小児救急医療電話相談(♯8000または086-801-0018)

 休日・夜間のこどもの症状にどのように対処したらよいのか、病院を受診した方がよいのかなど、判断に迷った時には、小児救急医療電話をご利用ください。対応方法や医療機関の受診について小児科医や看護師から適切な助言を受けられます。

〇相談日時 

・平日の午後7時から翌日午前8時。

・土曜、日曜、祝日、年末年始(12月29日から1月3日)の午後6時から翌日午前8時。

〇厚生労働省ホームページへのリンク

 子ども医療電話相談事業(♯8000)について別ウィンドウで開く 

13歳から64歳の重症化リスクの低い方

 診療・検査医療機関の逼迫を回避するため、「岡山県陽性者診断センター」では、県在住の重症化リスクのない13歳から64歳までの方を対象に、軽い有症状でありインターネットや薬局で購入した抗原定性検査キット(※)による自己検査の結果が陽性であった場合、または無症状であり岡山県新型コロナウイルス感染症無料検査事業の登録を受けた機関でのPCR検査の結果が陽性であった場合、申請情報を基に医師が陽性者であることを確認します。

 詳しくは、岡山県ホームページ「岡山県陽性者診断センターについて別ウィンドウで開く」をご参照ください。

 なお、解熱鎮痛剤等のお薬が必要な方は医療機関へご相談ください。

※国が承認した検査キット(「体外診断用医薬品」または「第1類医薬品」と表示されたもの)のみ対象

抗原定性検査キットは国が承認した「体外診断用医薬品」を選んでください。

岡山県陽性者診断センターについて

岡山県リーフレット「陽性者診断の流れ」

 岡山県陽性者診断センターでは、検査結果(画像)等の情報をWEBから電子申請することで、医師が陽性者であることの確定診断を行います(薬の処方はありません)。

〇対象者(下記の条件をすべて満たす方)

  • 岡山県内在住の方 
  • 13歳から64歳の方
  • 重症化リスク因子のない方

〇対象検査

  • (有症状の方)国が承認した市販の抗原検査キットを使用した自己検査
  • (無症状の方)岡山県無料検査事業の登録機関で実施したPCR検査

〇対象者・対象検査の詳細については、岡山県陽性者診断センター(岡山県ホームページ)別ウィンドウで開くをご覧ください。

岡山県新型コロナウイルス感染症無料検査事業について

 岡山県は、令和4年9月1日から当面の間、感染不安がある県内在住の無症状の方を対象とした「一般検査事業」を実施しています。また、帰省等を行う方のために年末年始期間中(令和4年12月24日から令和5年1月12日)臨時検査会場を設置しています。詳しくは、岡山県ホームページをご確認ください。

自宅療養中の方が受診先を探す場合

新型コロナウイルスに関する相談窓口

新型コロナ感染症に関する各種相談

岡山市新型コロナウイルス受診相談センター

電話086-803-1360 ファックス086-803-1848

  • (平日)午前9時から午後9時(土日祝日)午前9時から午後5時。それ以外の時間帯は、案内メッセージに従ってください。
  • 受診先への紹介や、混在状況のお答え等は行っておりません。
  • ファクシミリでも相談は可能ですが、対応までに時間がかかる場合がありますので、できるだけお電話でのご連絡をお願いします。

療養期間中の方のご相談

岡山市新型コロナウイルス自宅療養サポートセンター

電話086-230-0891 ファックス086-803-1848

  • 24時間対応(体調悪化の相談以外は、午前9時から午後5時にお願いします。)
  • ファクシミリでも相談は可能ですが、対応までに時間がかかる場合がありますので、できるだけお電話でのご連絡をお願いします。

新型コロナのワクチン接種に関する相談

岡山市新型コロナワクチン接種コールセンター

午前8時30分から午後5時30分(日祝除く)
電話0120-780-910

厚生労働省新型コロナワクチンコールセンター

午前9時から午後9時
電話0120-761-770

新型コロナ感染症に関する一般的な相談

岡山県新型コロナウイルス感染症電話相談窓口

24時間対応
電話086-226-7877

厚生労働省相談窓口

午前9時から午後9時
電話0120-565653 ファックス03-3595-2756










お問い合わせ

保健福祉局保健所感染症対策課

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1262 ファクス: 086-803-1337

お問い合わせフォーム