ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

合併処理浄化槽の補助金について

[2020年6月5日]

ID:15943

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

自宅に合併処理浄化槽を設置する個人の方に、国の交付金を利用して予算の範囲内で補助金を支給する制度があります。

お知らせ

国(環境省)が浄化槽設置整備事業の補助対象要件見直しを行ったことを受けて、岡山市においても令和2年度から補助対象要件を一部変更します。
また、令和2年度より単独処理浄化槽から合併処理浄化槽に設置替えする場合は宅内配管工事費を助成します。
これに伴い、単独処理浄化槽から合併処理浄化槽に設置替えする場合の補助金上乗せは廃止します。
なお、汲取り便所から合併処理浄化槽に設置替えする場合の補助金上乗せは継続します。

補助金の主な交付条件について

要綱、チラシはこちらから

令和2年度からの制度の概要は次のとおりです。

対象地域について

  1. 岡山市内で、公共下水道、農業集落排水施設等の計画のない地域
  2. 公共下水道等の計画があっても、7年以内に整備予定がない地域

ただし、1.2.の地域内であっても、宅地開発時に集中浄化槽の設置を指導された一定規模以上の住宅団地は補助対象になりません。

※合併処理浄化槽設置補助金の対象となる地域は、「岡山市下水道等情報マップ」でも確認できます。

主な支給条件

  1. 申請者が住むための専用住宅であること
    セカンドハウス、共同住宅、借家目的の建物は、補助対象になりません。
    店舗等併用住宅については、居住部分が延べ床面積の2分の1以上あれば原則として補助対象になります。
  2. 市税(延滞金含む)の滞納が無いこと
  3. 既存の汚水処理未普及解消につながる合併処理浄化槽の設置であること
    合併処理浄化槽の設置された家屋の建替・増築や転居、合併処理浄化槽の更新などは補助対象になりません。
    ※自然災害に伴い必要となった合併処理浄化槽の設置については補助対象となります。
  4. 設置工事が岡山県合併処理浄化槽普及促進協議会の工事マニュアルに沿って適切に施工されること(工事写真等で確認できること)
  5. 年度末の3月15日までに設置工事(建物工事や必要な撤去工事も含む)を終え、実績報告書を提出できること
    補助金申請及び設置工事は、年度をまたがることができません。

その他

設置工事着工後、並びに完了後の申請は、補助対象になりません。必ず、事前に申請し、補助金交付決定通知書を受けた後に、設置工事に取りかかってください。(設置工事完了後に提出する実績報告書には、「交付決定番号と交付決定日を記入した看板の写った着工前現場写真」の添付が必要です)なお、やむを得ない事情がある場合を除き工事完了後1年以内に浄化槽の使用を開始してください。また、補助金の交付を受けて設置された合併処理浄化槽には補助年度の翌年度から起算して7年間の財産処分制限期間があります。

補助金額について

令和2年度補助金額

(1)合併処理浄化槽の新設((2)(3)以外の場合)

  • 人槽区分 5人槽
    補助金額 332,000円
  • 人槽区分 6~7人槽
    補助金額 414,000円
  • 人槽区分 8~10人槽
    補助金額 548,000円
  • 人槽区分 11~20人槽
    補助金額 939,000円
  • 人槽区分 21~30人槽
    補助金額 1,472,000円
  • 人槽区分 31~50人槽
    補助金額 2,037,000円

(2)汲取り便所から合併処理浄化槽への設置替え

  • 人槽区分 5人槽
    補助金額 415,000円
  • 人槽区分 6~7人槽
    補助金額 517,000円
  • 人槽区分 8~10人槽
    補助金額 685,000円
  • 人槽区分 11~20人槽
    補助金額 1,173,000円
  • 人槽区分 21~30人槽
    補助金額 1,840,000円
  • 人槽区分 31~50人槽
    補助金額 2,546,000円

(3)単独処理浄化槽から合併処理浄化槽への設置替え

上記(1)に定める金額に、宅内配管工事に要する費用の額(30万円を上限とする。)を加えた額(※建替に伴い単独処理浄化槽から合併浄化槽に設置替えする場合を除く)

お問い合わせ

環境局環境部環境保全課浄化槽対策室

所在地: 〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1294 ファクス: 086-803-1887

お問い合わせフォーム