ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

住民税非課税世帯等への臨時特別給付金について

[2022年5月12日]

ID:34093

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して1世帯あたり10万円の臨時特別給付金を給付します。

給付金概要
給付手続き(住民税非課税世帯)
給付手続き(家計急変世帯)
DV等(配偶者やその他親族からの暴力等)を理由に岡山市へ避難されている方
お問い合わせ先

給付金について

給付対象となる世帯

ア 住民税非課税世帯

 基準日(令和3年12月10日)において、岡山市へ住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

イ 家計急変世帯

 ア以外で、申請時に岡山市に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年1月以降の世帯全員の年収見込額が住民税非課税相当水準以下にあると認められる世帯

 ※ア・イいずれも、住民税が課税されている者の扶養親族等のみからなる世帯を除きます。
 ※親(課税)に扶養されている大学生(非課税)の単身世帯や、子(課税)に扶養されている両親の世帯(非課税)などは給付対象外です。

給付額

1世帯あたり10万円

給付手続きについて

ア 住民税非課税世帯

スケジュール

  • 非課税世帯の世帯主の方には、案内通知を発送しております。
  • 必要書類を返送(返信)いただいた世帯から審査し、順次給付しております。現在、大量に届いている書類を審査しているため、受付から振込まで3週間から1ヶ月程度かかる見込みとなっております。申し訳ありませんが、もうしばらくお待ちください。

<今後の振込スケジュール>

  • 4月13日(水曜日)
  • 4月27日(水曜日)
  • 5月13日(金曜日)
  • 5月27日(金曜日)

※お手続きに不備のない場合になります。
※個別の振込日に関するお問い合わせは対応しかねますのでご了承ください。


手続きの方法 ※市役所及び各区役所等の窓口での受付は行いません

<郵送での手続き>

  1. お送りした確認書の記載項目を確認いただき、必要事項を記入してください。
  2. 確認書と必要書類を同封の返信用封筒に入れて事務処理センターまで返送してください。

<オンラインでの手続き> ※代理手続きはできません

  1. お送りした案内チラシより、入力フォームへアクセス別ウィンドウで開くしてください。
  2. お送りした確認書の右上にある「受付番号」とパスワード「生年月日」でログインしてください。
  3. ログイン後、必要事項を入力し、必要書類を添付し登録してください。

返信期限

令和4年6月30日(木曜日)まで ※当日消印有効

イ 家計急変世帯

スケジュール

  • 令和4年2月1日(火曜日)から申請受付を開始します。 ※郵送または特設窓口にて
  • 申請書類受付後、不備がなければ3週間から1ヶ月程度後に振り込みとなります。

対象要件

  • 新型コロナウイルス感染症の影響を受けて家計が急変し、令和3年1月以降の世帯全員の年収見込額が住民税非課税相当水準以下にあると認められる世帯。
  • 申請時に岡山市に住民登録があること。
  • 岡山市又は他市区町村で住民税非課税世帯向けの給付を受けた世帯の者を含む世帯は除きます。

住民税均等割非課税相当水準以下の判定方法

  • 令和3年1月以降の任意の1か月の収入を12倍した年間収入見込額が、非課税相当収入額限度額以下になるか判定します。
  • 収入の種類は給与収入、事業収入、不動産収入、公的年金収入(遺族・障害年金など非課税のものは除く)です。
  • 収入で要件を満たさない場合は、1年間の所得で判定します。この場合は令和3年分所得の確定申告書、住民税申告書、源泉徴収票等の写しで判定します。
  • 令和3年度分住民税均等割が課されている世帯員全員のそれぞれの収入(所得)について判定します。
  • 令和4年度分の課税決定以降に、令和3年中の収入をもとに申請する場合には、当該課税決定の内容により支給要件を判定します。
住民税均等割非課税相当額の目安(給与収入の場合)
 家族構成例

 非課税相当限度額

(収入額ベース)

 非課税相当限度額

(所得額ベース)

単身又は扶養親族がいない場合100.0万円以下45.0万円以下
配偶者・扶養親族(計1名)を扶養している場合156.0万円以下101.0万円以下
配偶者・扶養親族(計2名)を扶養している場合206.0万円未満136.0万円以下
配偶者・扶養親族(計3名)を扶養している場合256.0万円未満171.0万円以下
配偶者・扶養親族(計4名)を扶養している場合306.0万円未満206.0万円以下
配偶者・扶養親族(計5名)を扶養している場合356.0万円未満241.0万円以下
配偶者・扶養親族(計6名)を扶養している場合400.4万円未満276.0万円以下
配偶者・扶養親族(計7名)を扶養している場合444.0万円未満311.0万円以下
障害者、寡婦、ひとり親、未成年の場合204.4万円未満※135.0万円以下※

※これを超えた場合は上表を適用します

申請方法

  • 申請書、簡易な収入(所得)見込額の申立書に必要事項を記入の上、必要書類を添付いただき、岡山市臨時特別給付金事務局(下記参照)まで郵送、又は特設窓口(下記参照)までご提出ください。
  • 申請書等様式は下記リンクよりダウンロードできます。また、下記の特設窓口でもお配りしておりますのでご利用ください。

提出書類

  1. 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)
  2. 簡易な収入(所得)見込額の申立書
  3. 「令和3年中の収入の見込額」または「任意の1か月の収入」の状況を確認できる書類の写し
  4. 申請者本人確認書類の写し
    ・運転免許証、健康保険証、マイナンバーカード(表面)、年金手帳、介護保険証、パスポート等の写し
  5. 申請者の世帯状況を確認できる世帯全員(続柄入り)の住民票の写し
  6. 戸籍の附票の写し ※令和3年12月10日以降、2回以上転居した方のみ
  7. 受取口座を確認できる書類の写し
    ・通帳やキャッシュカードなど、受取口座の金融機関名・支店名・口座番号・口座名義人を確認できる部分の写し

申請期限

令和4年9月30日(金曜日)まで ※必着

様式ダウンロード

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金(家計急変世帯分)申請書(請求書)

簡易な収入(所得)見込額の申立書

特設窓口の設置

家計急変世帯専用の受付窓口を以下に設置しています。

  • 岡山市保健福祉会館1階ロビー(岡山市北区鹿田町一丁目1番1号)

送付先

〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号

岡山市役所臨時特別給付金事務局 宛

DV等(配偶者やその他親族からの暴力等)を理由に岡山市へ避難されている方

  • DV等を理由に岡山市に避難されている方で、住民票を岡山市に移すことができない方も、一定の要件を満たせば、住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金を受給できる可能性があります。
  • 給付金を受給するためには申請手続きが必要です。
  • 申請書類に加え、DV等避難中であることを明らかにできる書類の添付が必要です。
  • 詳しくは岡山市臨時特別給付金コールセンターへお問い合わせください。

お問い合わせ先

岡山市臨時特別給付金コールセンター

  • フリーダイヤル:0120-050-392
  • 受付時間:午前8時30分から午後5時(土日祝を除く)

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金コールセンター(内閣府)

  • フリーダイヤル:0120-526-145
  • 時間:午前9時から午後8時(土日祝を含む)

 ※国民向けの一般的な制度概要についてお答えするコールセンターです。

給付金をかたった「振り込め詐欺」や「個人情報の詐取」にご注意ください!

  • 岡山市や国、内閣府などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることは、絶対にありません。
  • 岡山市や国、内閣府などが「住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金」の給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。