ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

身近な生きものの里【御津母谷】

[2021年11月29日]

ID:33563

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

団体名

母谷里山保全会

認定日

令和2年11月2日

シンボルとなる野生生物

セトウチサンショウウオ、ニホンミツバチ

セトウチサンショウウオ

ニホンミツバチ(©NPO birth)

里の紹介

旧御津町の宇垣平野の西部に位置する母谷地区は、昔から人の手が入った里地・里山です。

絶滅危惧種のセトウチサンショウウオの生息地が荒らされないための活動や、四季折々の山野草の花に来るニホンミツバチのための巣箱の設置など、農村環境の保全と在来種の保護活動を行っています。

活動の様子

ニホンミツバチの巣箱

芋ほり体験

ハチミツの採取作業

リンク

お問い合わせ

環境局環境部環境保全課 自然保護係

所在地: 〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1284 ファクス: 086-803-1887

お問い合わせフォーム