ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

電気・ガスを使わない、防災レシピ☆消防士がつくってみたシリーズ(岡山市東消防署)

[2021年11月22日]

ID:32291

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

(4)乾麺(そうめん、パスタ)やはるさめ、パックご飯、カップラーメンを水で戻してみた!

今回は、そうめん、パスタ、はるさめ、パックご飯、カップラーメンを水で戻しても食べられるか実験してみました!

材料はこちらです。

そうめん、パスタ、はるさめ、パックご飯、カップラーメンの写真

材料をそれぞれ水のなかに入れました。20分おきに経過観察していきます!

材料を水に漬けた写真

水に浸けて20分後の各材料の状態です。

水に漬けた材料の20分後の写真

水に浸けて40分後の各材料の状態です。

材料を水に漬けて40分後の写真

水に浸けて60分後のそうめんの状態です。

水に漬けて60分後のそうめんの状態

水に浸けて60分後のパスタの状態です。

水に漬けて60分後のパスタの状態

水に浸けて60分後のはるさめの状態です。

水に漬けて60分後のはるさめの状態

水に浸けて60分後のパックご飯の状態です。

水に漬けて60分後のパックご飯の状態

そうめん、パスタ、はるさめは柔らかくなりましたが、こしはなく、美味しさもありません!パックご飯もご飯本来の甘みや粘りがなく、おいしくありませんでした!

水に漬けて60分後のそうめんを食べているところ

水に浸けて60分後のカップラーメンを食べてみます!

水に漬けて60分後のカップラーメンを食べようとしているところ

水に浸けて60分後のカップラーメンの味は・・・おいしい!

水に漬けて60分後のカップラーメンを食べているところ

そうめん、パスタ、はるさめ、パックご飯は、加熱が必須です。でんぷんは、水と熱を加えることで、粘りが出て、おいしくなります。

カップラーメンがなぜ水で戻しても食べられるかというと、麺が油で揚げられていて、加熱されているからです。

実験に使用したそうめん、パスタ、はるさめはお湯でゆでて、パックご飯は電子レンジで加熱しておいしくいただきました!

パスタを食べているところ

この実験で感じたことは、やはり、ガスコンロとガスボンベの備蓄があれば、便利だということです。

水に2時間以上浸けているパスタは、ゆで時間が7分の商品でも、ゆで時間が1分ほどで食べられるので、非常時には、ガスの節約になりますよ。

電気やガスがなくても食べられるレトルト食品はたくさんありますが、加熱が必要な食材もたくさんあるので、ガスコンロを準備しておいてはどうでしょうか?

水で戻すカップラーメン、みなさんも、ぜひ挑戦してみてください!

お問い合わせ

消防局警防部東消防署 予防係

所在地: 〒704-8117 岡山市東区西大寺南一丁目2番4号 [所在地の地図]

電話: 086-942-9119 ファクス: 086-942-0462

お問い合わせフォーム