ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

世界かんがい施設遺産に登録

[2019年8月30日]

ID:20304

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

世界かんがい施設遺産に「倉安川・百間川かんがい排水施設群」が登録されました!!

令和元年度世界かんがい施設遺産に岡山県内で初めて登録となった「倉安川・百間川かんがい排水施設群」は,地元の各種団体で構成する「倉安川・百間川等世界かんがい施設遺産登録推進委員会」により登録申請され,令和元年9月4日にインドネシアのバリで開催された国際かんがい排水委員会(ICID)の国際執行理事会で登録の運びとなりました。

登録施設の概要

倉安川吉井水門の写真

倉安川吉井水門

「倉安川・百間川かんがい排水施設群」

  1. 倉安川(水路)
    吉井川と旭川を結ぶ延長約20km,幅員4m~7mのかんがい施設。
  2. 百間川(排水施設)
    延長約13km,旭川の洪水防止など基幹的な排水施設としての役割を有する。
  3. 倉安川吉井水門(堰)〔岡山県指定史跡〕
    切り石を丹念に積み上げた石垣護岸や水門石柱等高度な建設技術を駆使して築造された現存する日本最古の「閘門式水門」。

世界かんがい施設遺産とは

世界かんがい施設遺産とは、かんがいの歴史・発展を明らかにし、理解醸成を図るとともに、かんがい施設の適切な保全を行う、歴史的なかんがい施設を国際かんがい排水委員会(ICID)が認定・登録する制度です。登録により、かんがい施設の持続的な活用・保全方法の蓄積、研究者・一般市民への教育機会の提供、かんがい施設の維持管理に関する意識向上に寄与するとともに、かんがい施設を核とした地域づくりに活用されることが期待されています。

お問い合わせ

産業観光局農林水産部農村整備課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1348 ファクス: 086-227-7039

お問い合わせフォーム