ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

仕事紹介、先輩からのメッセージ 【保健師】

[2020年5月15日]

ID:21607

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

保健師

仕事内容

保健所等での保健指導や相談業務、健康教育など

配属先

保健所など

メニュー 【保健師】

1.岡山市こころの健康センター

平成25年度採用 保健師 (令和2年5月15日掲載)

こころの健康センター_個人画像
  1.  【担当業務】
    こころの悩みや精神症状への対応等こころの健康に関する相談にのる他、依存症の予防や回復支援を行う「依存症対策事業」、精神科病院に長期入院している方の退院支援や退院後の地域生活支援を行う「地域移行・地域定着支援事業」に携わっています。依存症対策事業では、主に職域対策を担当しており、専門医等と一緒に企業に出向き、お酒の正しい知識の普及と適切な飲酒習慣の確立を目指した「おいしくお酒を飲むための教室」を実施しています。
  2.  【仕事のやりがい】
    「おいしくお酒を飲むための教室」の継続フォローの際に、「立てた目標に取り組んでいます。」という声を聞いた時はとても嬉しく、やりがいを感じました。より多くの企業に教室を活用していただき、働き盛りの方々のアルコール依存症予防と健康増進につなげていければと思います。
  3. 【職場の雰囲気】
    いつでも相談しやすい雰囲気があり、疑問に思っていることや悩んでいることを話すことで「頑張ってみよう」と元気がでます。また、こころの健康センターはいわゆる精神保健福祉センターであり、保健師の他に精神科医や精神保健福祉士、心理士など多職種がいる職場であることから、それぞれの専門性や経験を活かしたアドバイスをもらうこともでき、日々多くの学びを得られます。
  4. 【就職先として岡山市を選んだ理由】
    地域の健康づくりに地区担当制で取り組んでいる岡山市で、個々への関わりから地域全体を捉え、市民の健康づくりに携わりたいと考えたからです。
  5. 【メッセージ】
    岡山市は保健所・保健センターに加えて、こころの健康センター(精神保健福祉センター)やこども総合相談所(児童相談所)等、様々な場で保健師が活躍できます。専門性を高めながら、ぜひ一緒に岡山市で働きましょう!
  6. 【ある1日】
こころの健康センターのある1日
時刻内容備考
午前8時30分始業・朝礼朝礼で所内全体のスケジュールの確認。
午前10時00分所内会議事業の進捗状況確認や方針の検討。
午前11時00分面接アルコール依存症についての相談。
午後0時00分昼食 
午後1時00分訪問長期入院者の退院支援のため、病院訪問。
午後4時00分相談記録本日受けた相談・支援の記録を作成。
午後5時15分終業

関連情報

お問い合わせ

人事委員会事務局 任用係

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1554 ファクス: 086-803-1873

お問い合わせフォーム