ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

岡山市教育振興基本計画概要

[2015年12月9日]

ID:12035

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

平成25年1月22日に開催した教育委員会定例会において、「岡山市教育振興基本計画」を議決しました。
本計画は、本市教育行政の中長期の基本的な方向性を定めるもので、この計画に基づき岡山市が目指す市民協働による自立する子どもの育成を進めています。

【改定について】
本計画の計画期間は、平成25年度から平成32年度(前期:平成25年度から平成27年度、後期:平成28年度から平成32年度)の8年間としていましたが、市の総合計画の全面改定や地方教育行政の組織及び運営に関する法律の改正などの動きに対応するため、改定時期を1年延長し、平成29年度から平成33年度までの5年間の計画を新たに策定することを平成27年10月27日の教育委員会定例会で議決しました。

はじめに

教育振興基本計画表紙の画像

教育振興基本計画表紙

本市では、将来にわたって継続的に市民協働の人づくりを進めていけるよう、平成19年4月に「岡山市市民協働による自立する子どもの育成を推進する条例(愛称:岡山っ子育成条例)」(以下「岡山っ子育成条例」という。)を制定しました。
また、平成20年度から、教育委員会の事務に関する点検・評価で単年度ごとの事業評価を行い、年度ごとの進行管理を行いながら、岡山っ子育成条例の理念の実現に向けた教育行政を行っています。
しかし、教育に関する今日的課題の多くは、単年度の施策によって解決するものではなく、中長期のビジョンをもった取組が必要です。
本市では、総合計画、岡山っ子育成条例、心豊かな岡山っ子育成プランなど、教育に関わる既存の条例や計画が多く存在しており、これらの関係を整理するとともに、相互の関連性を高めるための核となる計画を定めることで、教育行政全体のPDCA(計画-実践-評価-改善)サイクルの確立を図ろうと考えました。
こうした経緯を踏まえ、岡山市教育振興基本計画を策定しました。
岡山っ子育成条例が、人づくりの理念を示したものとすると、教育振興基本計画は、人づくりの理念を踏まえ、掲げた目標を実現するための取組を計画的かつ効果的に実施するための、スケジュール帳や評価シートの役目を果たすものです。

表紙解説:<後楽園から岡山城を望む>

水と緑が魅せる心豊かな庭園都市、私たちのふるさと岡山で、家庭、学校園、地域社会、事業者の4者が協働して、自立する子どもを育んでいこうとする思いや願いを込めています。

岡山市教育振興基本計画の構成

  • 表紙
  • はじめに
  • 目次
  • 第1章 本市の教育理念
  • 第2章 計画策定について
  • 第3章 人づくりを取り巻く現状と子どもを取り巻く課題
  • 第4章 本市の目指す教育
  • 第5章 計画推進の考え方~政令指定都市・岡山の独自性を発揮して
  • 第6章 6つの政策と15の施策
  • 第7章 参考資料
  • 裏表紙

計画の内容については、下記のPDFファイルをご覧ください。

岡山市教育振興基本計画における施策の成果指標の目標値の改定

岡山市教育振興基本計画の計画期間の延長にともない、平成27年度末を達成年度としていた現在の各施策の成果指標の目標値のうち、既に達成できたものについて、平成28年度末を達成年度とする新たな目標値を設定しました。

教育に関わる条例・計画等(関連情報)

お問い合わせ

教育委員会事務局教育総務部教育企画総務課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1571 ファクス: 086-234-4141

お問い合わせフォーム