ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

用語解説

[2010年1月3日]

ID:3663

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

道路に関する用語

電線共同溝(C.C.Box)

架空の電線類を地中に収容する構造物。従来のCAB方式に比べ安価でコンパクトになっています。

コミュニティ道路

歩行者等が安全かつ快適に通行できる交通環境を形成するため、歩道部の幅員を拡大し、また場所によって変化させることにより車道部分をジグザグにするなどして通過交通を抑制し、人と車の共存を図る生活道路として、また地域に親しみとうるおいをもたらす道路。

コミュニティゾーン

歩行者の通行を優先すべき地区において、地区内の歩行者の安全性・快適性・利便性の向上を図ると共に、ハンプやクランクなどの物理的な構造や交通規制などにより通過車両の流入抑制並びに車のスピード抑制を図るため、歩車分離道路、歩車共存道路として整備するある一定の地区。

ハンプ

車道面に設けた凸型又は凹型の舗装で、これにより車の速度を低下させるもの。

イメージハンプ

舗装の変化によって視覚的にハンプがあるように見せ、速度を低下させるもの。

狭さく

車道幅を物理的または視覚的に狭くすることにより速度を低下させるもの。

シケイン

車の通行部分をジグザグにしたり蛇行させて、速度を低下させるもの。(クランク)

バリアフリー

障害者や高齢者を取りまく障害(バリアー)を取り除き自由(フリー)に社会参加できるよう、段差をなくした人にやさしい道路づくりを行うもの。

内環状線

都市計画道路の青江津島線、久米東岡山線、津島飛行場線、三門原尾島線を結ぶ環状道路で都心部のもっとも内側を連絡する道路。総延長6.7キロメートル。

街路事業

都市計画道路の内建設省都市局所管事業の対象となる道路。

幹線道路

道路法上の道路の内、幹線1級市道及び幹線2級市道と種別があるが、基幹的道路網を形成するに必要な道路。

生活道路

道路法上の道路の内、幹線市道を除くその他市道を言い、最も生活に密着している道路であるため、生活道路と呼ばれています。

外環状線

岡山市域の外縁部を環状に結ぶ道路で、総延長約40キロメートルの道路。岡南線はその一部を形成しています。

地域高規格道路

一般国道、主要地方道路の中で、ネットワーク上規格の高い道路として整備することが望ましい道路。岡山環状道路が計画路線の指定を受けています。

道路事業

道路法上の道路を整備するもので、形態的に区分すれば新設事業、改築事業、維持修繕事業、その他となります。街路事業を除く道路整備。

都市計画道路

都市計画法第11条第1項に規定する道路。

トランジットモール

中心市街地の商業集積地域に於ける歩行者道路をモールと呼び、公共交通機関に限り通行可能な道路。

中環状線

内環状線と外環状線の間に位置する環状道路。万成国富線、久米東岡山線、旭東三蟠線、下中野平井線、米倉津島線を結ぶ延長約16.6キロメートルの道路。

お問い合わせ

都市整備局道路部道路計画課

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1695 ファクス: 086-803-1727

お問い合わせフォーム