ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

「新型コロナウイルス感染症と診断された方へのお知らせ」

[2022年11月21日]

ID:41083

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

療養期間中の方のご相談は「岡山市新型コロナウイルス自宅療養サポートセンター」電話086-230-0891、またはファックス086-803-1848へお願いします。


【重要】令和4年9月26日より新型コロナ感染症の全数届出が見直されました

 令和4年9月26日より、全国一律で新型コロナウイルス感染症の療養の考え方を転換し、全数届出が見直されることとなりました。このことにより、療養期間中の連絡等の流れ等が、医師から発生届が出される『届出対象』の方と、医師から発生届が出されない『届出対象外』の方で異なります

全数届出見直し後の療養の流れ
発生届対象者の方の見出し

(1)65歳以上の方、(2)入院を要する方、(3)重症化リスクがありコロナ治療薬の投与または酸素投与が必要な方、(4)妊婦の方

  • これまでどおり医療機関からの発生届に基づき、保健所から電話やSMS(ショートメッセージサービス)で連絡が入りますので、連絡をお待ちください。
  • 至急相談をしたい方は、自宅療養サポートセンター(電話:086-230-0891)までご連絡ください。
届出対象外の方(見出し)

上記(1)~(4)以外の方

  • 保健所からの連絡はありませんのでご注意ください。
  • 急変時の相談や受診先の調整等をスムーズに行うため、『岡山市電子申請システム』から陽性者登録をお願いします。また、宿泊療養施設での療養や、食料の配送サービスを希望される場合には、『岡山市電子申請システム』や電話等で各自お申し込みください。 
  • 申請はこちら⇒岡山市電子申請システム別ウィンドウで開く

『発生届対象外』の方は下記のバナーをクリックして該当のページをご確認ください

 本ページは『届出対象』の方向けに作成しており、『届出対象外』に該当される方は、下記に添付している緑色のバナー「『届出対象外』の方」をクリックして、該当のページをご確認ください。
このバナーをクリックすると「届出対象外」の方のページに移動します
発生届対象者の方(見出し)

体調の悪化・急変時の対応

 自宅での療養中に、発熱や咳などの症状がつらく医師に相談したい場合やお薬を処方してもらいたい場合には、身近なかかりつけ医やコロナの診断を受けた診療所等に、まずは電話で相談をしてください。

 検査をした医療機関が総合病院等で電話での相談できない場合、かかりつけ医がない場合、医療機関が休診で受診先に困っている場合など、受診先が見つからない場合には、下記の医療機関一覧「コロナ陽性患者を診療可能な医療機関について」から受診できる医療機関を探していただくか、自宅療養サポートセンター(電話:086-230-0891)にご相談ください。

 また、ひどい呼吸困難など一刻を争うと判断した場合には、救急車両の要請(119番)をお願いします。

診断された医療機関と異なる医療機関を受診する場合は、陽性者であることが分かる書類などを持参してください

(書類等の一例)

  • 診断された医療機関から渡されたリーフレット「新型コロナウイルス感染症で陽性と診断された方へ(患者名・受診日・受診医療機関名入り)」または「PCR検査等を受検された方へのお知らせ(患者名・受診日・受診医療機関名入り)」
  • 発生届受理後に保健所から届いたSMS(ショートメッセージ)の画面
  • 診断された医療機関で発行された診療明細書など

受診先や相談先

コロナ陽性患者を診療可能な医療機関について

コロナの療養期間中に診療所などの受診先をお探しの方は、岡山市保健管理課ホームページ「コロナ陽性患者を診療可能な医療機関一覧」をご覧ください。

「陽性者が療養期間中に受診先を探す場合」はこのバナーをクリック
  • 陽性診断後の療養期間中に医療機関を受診する際の新型コロナウイルス感染症にかかる医療費(診療、薬のみが対象)について、原則自己負担は発生しません。ただし、持病等に関する診療は公費負担の対象外です。岡山県ホームページ 医療費の公費負担について別ウィンドウで開く

  • 土曜日(午後)、日曜日、祝日などは多くの診療所が休診となりますのでご注意ください。

スマートフォンのチャットアプリで健康相談

 スマートフォンアプリ「リーバ」をダウンロードし初期登録をすることで、オンライン上で医師に健康相談をすることができます。

 発生届を受理したことをご案内する保健所からのSMS(ショートメッセージ)で、無料相談に必要な『パスコード(企業コード)』をお知らせします。これを入力することで、14日間無料でアプリをお使いいただけます(パスコードのお知らせが届いていない方は、自宅療養サポートセンターまでお問い合わせください)。

【注意】本健康相談はオンライン診療とは異なるため、症状悪化時は直ちにかかりつけ医や受診相談センター等へ連絡をお願いします。

 アプリの初期登録や操作方法などに関して、ご不明な点は下記の相談窓口までお問い合わせください。

オンライン健康相談の初期登録と相談方法

〇リーフレット「岡山県の自宅療養者の皆さまへ (PDF形式、673.57KB)

スマートフォンアプリ「リーバ」の初期登録の方法

〇動画「自宅療養者向け 医療相談の仕方(外部サイト)」

https://www.youtube.com/watch?v=J43v7A6ZiMg別ウィンドウで開く

〇健康相談アプリのダウンロード

LEVERホームページ(外部サイトへリンク)別ウィンドウで開く

〇相談窓口

株式会社リーバーお問い合わせ窓口
電話:029-896-6263(平日の午前10時から午後6時
メール:info@leber.jp

小児がコロナに感染した場合の症状と緊急性について

小児がコロナに感染した場合の対応

(公社)岡山県医師会・岡山県作成リーフレット

新型コロナウイルス感染症の療養の流れ

1保健所からの連絡

保健所から電話またはショートメッセージ(SMS)でご連絡します。

保健所から電話連絡のあった方

  • 保健所職員が直接、症状の経過、現在の体調など聞き取り調査を行います。

保健所からSMS(ショートメッセージ)が届いた方

  • SMS(ショートメッセージ)に記載しているURLから、アンケートフォーム『新型コロナ陽性と診断を受けた方の基礎情報』への入力をお願いします(スマートフォン等による基本情報入力ができない方については、自宅療養サポートセンター(086-230-0891)までご連絡ください)。
  • SMS(ショートメッセージ)が届いた方は、基本的に自宅療養をお願いしています。宿泊療養施設を希望されるなど相談のある方は、自宅療養サポートセンター(086-230-0891)までご連絡ください。

2.療養

 医療機関からの『発生届』や回答していただいた『陽性者の基礎情報』を保健所が確認し、必要に応じて電話で調査を行った上で療養先を決定します。

 自宅療養となった方には、保健所からの電話案内(療養先決定の案内や療養期間中の注意事項など)はありません。療養先として、入院や宿泊療養に決定した方には保健所から案内の電話がありますので、指示に従って入院や入所の準備を行ってください。

(1)入院

 入院治療が必要と判断された場合には、指定の医療機関へ入院していただくことになります。医療機関ごとに入院に必要な物品は異なりますが、基本的に準備をしていただきたいものを下記にまとめています。入院先や入院時間が決まりましたら保健所からご連絡します。

入院時の準備物品

(2)宿泊療養

 入院治療の必要はないものの重症化リスクが高い方などには、指定の宿泊施設(ホテル)での療養をお勧めすることがあります。また、家族との隔離などの理由から入所を希望される場合には、自宅療養サポートセンター(電話:086-230-0891)までお電話ください。

 なお、入所から退所までの間は、自由に出入りすることはできません。『宿泊療養の準備物品』をご確認いただき、宿泊のための物品の準備をお願いします。入所の時間や移動手段、待ち合わせ場所については、保健所からご連絡します。

(3)自宅療養

 入院治療が必要な方以外は、基本的に自宅療養をお願いしています。

 下記に添付している「自宅療養のしおり(岡山市)」で、自宅での生活上の注意事項等をご確認ください。なお、食料や日用品は宅配サービスの利用や親族や知人に届けてもらうなど、原則としてご自身で調達・確保をお願いしていますが、調達・確保が難しい場合には、自宅療養サポートセンター(電話:086-230-0891)にご相談ください。

岡山市 自宅療養のしおり(一括ダウンロード)

3.療養終了(療養解除)の基準と期間中の過ごし方

療養解除日について

(1)有症状の方(入院治療中の方、高齢者施設入所中の方、人工呼吸器等による治療を行った方を除く)

  • 発症日から7日間経過し、かつ、症状軽快後24時間経過した場合には8日目から療養解除となります。
  • ただし、10日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
有症状の方(入院治療中の方、高齢者施設入所中の方、人工呼吸器等による治療を行った方を除く)の期間中の過ごし方のイメージ図
(2)有症状の方(入院治療中の方、高齢者施設入所中の方)
  • 入院中の方は入院先の医療機関から、高齢者施設で療養されている方は保健所からお伝えします。
  • 療養解除基準は『発症日から10日間経過し、かつ、症状軽快後72時間経過した場合に11日目に療養解除』となります(人工呼吸器等による治療を行った場合を除く)。

(3)無症状の方

  • 検体採取日から7日間を経過した場合には8日目に療養解除となります。
  • 5日目の検査キットによる検査で陰性を確認した場合には、5日間経過後(6日目)の解除も可能ですが、届出対象の方は自宅療養サポートセンター(電話:086-230-0891)にその旨を必ずご連絡ください。ただし、7日間が経過するまでは、感染リスクが残存することから、検温など自身による健康状態の確認や、高齢者等ハイリスク者との接触、ハイリスク施設への不要不急の訪問、感染リスクの高い場所の利用や会食等を避けること、マスクを着用すること等、自主的な感染予防行動の徹底をお願いします。
無症状の方の期間中の過ごし方のイメージ図

療養解除予定日の説明方法について

  • 療養終了予定日は、診断を受けた医療機関からご説明します。
  • 医療機関から説明を受けていない方については、保健所から後日ショートメッセージ(SMS)等で解除予定日をお伝えします。
  • 岡山市では、医療機関から発生届を受けた陽性者全員に、療養終了後1週間から2週間程度で、療養情報を記載した文書「新型コロナウイルス感染症に係る療養について」を郵送しています。  

療養終了予定日カレンダー


〇令和4年11月 療養終了予定日カレンダー
療養終了予定日カレンダー11月(有症状の方)
療養終了予定日カレンダー11月(無症状の方)
〇令和4年12月 療養終了予定日カレンダー
11月療養終了日カレンダー(有症状の方)
12月療養終了日カレンダー(無症状の方)

注意事項

  • 療養7日目以降も発熱が続く場合には、療養期間が延長となる可能性がありますので、療養期間内に自宅療養サポートセンター(086)230-0891までご連絡ください。
  • 療養期間終了直後に高熱や咳が出始めるなど体調が悪化した場合には、直接医療機関には行かずかかりつけ医に電話で相談してください。

岡山市新型コロナウイルス受診相談センター

不要不急の外出の自粛の要請(感染症法第44条の3第2項)

 療養期間中は、届出の有無に関わらず、自宅や宿泊施設等など療養先から外出は自粛してください。

 ただし、下記の条件に該当する方は、食料品の買い出しなど必要最低限の短時間の外出をしても差し支えありません。外出時や人と接する場合には、必ずマスクを着用するなど自主的な感染予防行動の徹底をしてください。また、移動時に公共交通機関は使用しないでください。

【対象者】

・無症状(無症状病原体保有者)の方

・有症状の方で症状軽快から24時間以上経過している方

就業制限の協力のお願い

 療養が解除されるまでの間、次の業務に従事しないよう協力をお願いします。

【就業制限される業務】

 飲食物の製造、販売、調製又は取扱いの際に飲食物に直接接触する業務及び接客業その他の多数の者に接触する業務

【その他】

  • 令和4年4月以降に陽性と診断された方について、岡山市では文書による就業制限通知を行っておりません。
  • 協力いただけない場合は、感染症法第18条に基づく就業制限(処分)を行います。就業制限の規定に違反した場合は、同法の規定により罰金が処せられる場合があります。

厚生労働省事務連絡『就業制限の解除に関する取扱いについて 』(令和4年1月31日一部改正)別ウィンドウで開く

パルスオキシメーター・体温計の貸し出しについて

 パルスオキシメーター(指先に装着して血中の酸素飽和濃度を測定する機器)については、貸し出す対象者の方へ保健所からご連絡し、使い方や受け取り方法、返却方法などをご説明します。

岡山市「新型コロナウイルス感染症自宅療養のしおり」より

SPO2が93%以下になった場合、自宅療養サポートセンター086-230-0891にご連絡ください。

配食サービスについて

  • 市民のみなさまには地震などの災害時のための食料等の備蓄をお願いしておりますが、新型コロナウイルス感染症の自宅療養に備えた食料等の備蓄もあわせてお願いします。
  • 食料や日用品は、協力してくれる親族や知人等に運んでもらったり、ネットスーパー等で購入をしたりなど、原則としてご自身で調達・確保をお願いします。また、同居の濃厚接触者の方や、陽性者のうち、無症状の方や有症状の場合でも症状軽快から24時間が経過した方は、自主的な感染予防行動の徹底により、食料品等の買い出しなど必要最低限の外出が可能です。
  • 上記による食料調達が困難な方には、食料品を無料で提供しています。希望される方は、自宅療養サポートセンター(電話:086-230-0891)までお申し出ください。
配食サービスのイメージ1

写真は一例です

配食サービスのイメージ2

注意事項

  • 食料品は常温保存できるもので、内容について個々のご要望にはお応えできません。また、アレルギーへの対応はできませんので、ご自身で各商品の表示をご確認ください。
  • 配達は玄関前に置いておく「置き配」となります。配達員が来た際には玄関先には出ず、インターホン越しに対応し、玄関先に置いておくなど、配達員と対面しない方法をお伝えください(電話にて配達の連絡をする場合もあります)。
  • サービスを受ける場合、市から配送業者に名前、住所等の個人情報を提供させていただく必要があります。
  • 在宅が確認できなかった場合、再度配達を行いますので、ご了承ください。

療養通知書について

 療養終了後1週間程度で、療養情報を記載した文書「新型コロナウイルス感染症に係る療養について」を郵送しています。

【注意事項】

・本通知書は厚生労働省事務連絡「宿泊療養又は自宅療養を証明する書類について(令和4年4月27日一部修正)」を基に作成しております。

・本通知書はお1人につき1枚の発行となります。本通知書を「療養を証明する書類」としてご利用される場合は、コピー等でご対応ください。

家庭内での感染対策について

ご家庭での感染対策については、岡山市ホームページ「新型コロナウイルス感染症 自宅療養中の感染対策」や下記に添付している資料等を参考にしてください。

岡山市ホームページ

リーフレット

ハンドブック

消毒方法について

 感染している人が手や鼻や口をおさえると、手にウイルスが付きます。その手で手すり、テーブル、ドアノブなどに触れることで、ウイルスが環境表面に残ります。そして、他の人がその場所を知らずに触り、その手で自分の口、鼻、目を触れることで感染することがあります。

よくあるご質問と回答

 陽性者の方の療養後に関するよくあるご質問については以下のページをご覧ください。

新型コロナウイル罹患後症状について

 新型コロナの治療や療養が終わった後、他に明らかな原因がなく症状が長引く罹患後症状(いわゆる後遺症)については、下記のページをご参照ください。

心のケアに関すること

    外出自粛などで生活の不安やストレスを感じている方がおられると思います。不安な気持ちを誰かに話すことで楽な気持ちになることもあります。つらい気持ちが長く続くなどこころの不調が続く場合は、相談してみましょう。

こころの相談専用電話(こころの健康センター)

電話(086)803-1274

月曜日から金曜日(祝日・年末年始を除く)

午前9時から午後12時及び午後1時から午後4時

自宅療養者の方の災害時の避難

 ご自宅での療養をされる方は、療養期間中に災害が発生した場合に備えて岡山市ホームページ『岡山市防災情報マップ』でお住まいの場所が危険エリアに該当していないかご確認ください。

 自宅以外の場所へ避難をする際は、感染拡大防止の観点から一般の避難所とは別の専用避難所をご案内します。高齢者等避難情報(警戒レベル3)以上が発令されたら、自宅療養サポートセンター(電話:086-230-0891)へご連絡ください。場所や避難方法をご案内します。

 避難される場合の非常持ち出し品については、下記の岡山市危機管理室のホームページをご参照ください。

濃厚接触者の方へ

 保健所から濃厚接触者と言われた方は、新型コロナウイルス感染症患者と最後に接触があった日の翌日から5日間の外出の自粛と、7日間の健康観察をお願いします。詳しくは以下のリンクページをご覧ください。











お問い合わせ

保健福祉局保健所感染症対策課

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1262 ファクス: 086-803-1337

お問い合わせフォーム