ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

新型コロナウイルス感染症について

[2020年9月7日]

ID:20223

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

中華人民共和国湖北省武漢市において、令和元年12月以降、新型コロナウイルス関連肺炎の発生が複数報告されており、厚生労働省において情報の収集及び公表が行われています。

市民のみなさまへ

感染リスクが高まる「5つの場面」と「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」

10月23日、新型コロナウイルス感染症対策分科会から、感染しやすい場面や、感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫などに関する提言がありました。年末年始は人の動きが増え、会食や飲酒の機会も増えます。この5つの感染リスクが高まる場面が、皆さんの生活の中に潜んでいないか、ぜひご覧になっていただき、引き続き感染予防に努めましょう。

感染リスクが高まる「5つの場面」(内閣官房新型コロナウイルス感染症対策ホームページ)

感染リスクが高まる「5つの場面」 【場面1】飲酒を伴う懇親会等【場面2】大人数や長時間におよぶ飲食【場面3】マスクなしでの会話【場面4】狭い空間での共同生活【場面5】居場所の切り替わり

「感染リスクを下げながら会食を楽しむ工夫」

  • 飲酒をするのであれば▼少人数・短時間で▼なるべく普段一緒にいる人と▼深酒・はしご酒などはひかえ、適度な酒量で。
  • 箸やコップは使い回わさず、一人ひとりで。
  • 座の配置は斜め向かいに。(正面や真横はなるべく避ける)
  • 会話する時はなるべくマスク着用。
  • 換気が適切になされているなどの工夫をしている、ガイドラインを遵守したお店で。
  • 体調が悪い人は参加しない。

接触通知アプリ(COCOA)を活用しましょう

新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA:COVID-19 Contact Confirming Application)は、利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(ブルートゥース)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保して、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について、通知を受けることができるスマートフォンアプリです。

利用者は、陽性者と接触した可能性が分かることで 、検査の受診など保健所のサポートを早く受けることができます。利用者が増えることで 、感染拡大の防止につながることが期待されます。詳しくは厚生労働省のページにてご確認ください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/cocoa_00138.html別ウィンドウで開く

新型コロナウイルス感染症とは

発熱やのどの痛み、咳が長引くこと(1週間前後)が多く、強いだるさ(倦怠感)、味覚障害や嗅覚障害を訴える方が多いことが特徴です。

感染しても軽症であったり、治る例も多いですが、季節性インフルエンザと比べ、重症化するリスクが高いと考えられます。重症化すると肺炎となり、死亡例も確認されているので注意しましょう。 特にご高齢の方や基礎疾患のある方は重症化しやすい可能性が考えられます。

新型コロナウイルスは飛沫感染と接触感染により感染します。空気感染は起きていないと考えられていますが、閉鎖した空間・近距離での多人数の会話等には注意が必要です。

・新型コロナウイルス感染拡大の防止に向けて

新型コロナウイルスを想定した「新しい生活様式」

岡山県においては緊急事態宣言が解除され、徐々に人の動きが拡大する中で、再び感染者が増加するおそれもあります。新型コロナウイルスは無症状でも軽症でも人に感染させる可能性があります。
したがって、これからは飛沫感染や接触感染、さらには近距離での会話への対策をこれまで以上に取り入れた「新しい生活様式」別ウィンドウで開くを実践していく必要があります。マスクの着用、こまめな手洗い、「3つの密」を避けるなど、日常生活の中で「新しい生活様式」を心がけ、新型コロナウイルス感染症をはじめとする各種の感染症の拡大を防ぎましょう。

「新しい生活様式」別ウィンドウで開くの中でも、手洗いは非常に大切です。下記のタイミングで忘れずに実践しましょう。

  • 公共の場所から帰ってきたとき
  • 咳やくしゃみ、鼻をかんだとき
  • 食事をとる前後
  • 外にあるものにさわったとき
  • 病気の人のケアをしたとき

「手洗いの、5つのタイミング」(厚生労働省ホームページより引用)

手洗いは、石鹸をよく泡立て30秒程度かけて指の間や指のつけね、手首まで洗い、流水でしっかりと洗い流すことが大切です。こうした十分な時間をかけた手洗いによって、手に付いた病原体を手洗い前より約10000分の1以下に減らせます。

新型コロナウイルスの岡山市内における感染者の動向

新型コロナ感染者の動向その1
新型コロナ感染者の動向その2

岡山市内における感染者の動向(令和2年11月22日現在)

新型コロナウイルスに関するQ&A

電話相談窓口などのお知らせ

  • 厚生労働省 新型コロナウイルスに関する電話相談窓口
    電話番号 0120-565653(フリーダイヤル)
    ファクス 03-3595-2756
    受付時間 9時00分から午後9時00分(土曜日、日曜日・祝日も実施)
  • 岡山県 新型コロナウイルスに関する電話相談窓口
    電話番号 086-226-7877
    ファクス 086-225-7283
    受付時間 9時00分から午後9時00分(平日)、9時00分から午後5時00分(土曜日、日曜日、祝日)
  • 新型コロナウイルス感染症に関する電話相談窓口(労働相談)
    開設場所 岡山労働局(岡山県岡山市北区下石井1-4-1 岡山第2合同庁舎)
    電話番号 086-225‐2017
    開設時間 9時30分から午後5時00分(平日)

岡山市新型コロナウイルス受診相談センター(旧名称:帰国者・接触者相談センター)

相談・受診の目安

以下のいずれかに該当する場合にはすぐに御相談ください。(これらに該当しない場合の相談も可能です。)

  • 味がしない(味覚障害)、においがしない(嗅覚障害)などの症状がある場合
  • 息苦しさ(呼吸困難)、強いだるさ(倦怠感)、高熱などの強い症状のいずれかがある場合
  • 重症化しやすい方(※)で、発熱や咳などの比較的軽い風邪の症状がある場合
    高齢者、糖尿病、心不全、呼吸器疾患(COPD等)等の基礎疾患がある方や透析を受けている方、免疫抑制剤や抗がん剤等を用いている方、妊婦の方

電話番号 086-803-1360
平日(日中・夜間)9時00分から午後9時00分
土曜日、日曜日、祝日9時00分から午後5時00分
ファクス 086-803-1337
※聴覚障害がある方や音声による相談に不安がある方は、ファクスによる相談票をお使いください。
上記以外の時間帯で、緊急の場合は803-1000(市役所代表電話)へお電話いただき、新型コロナウイルスの疑いがある旨、お伝えください。

外国語(英語、中国語、韓国語、ベトナム語)での相談

外国語(英語、中国語、韓国語、ベトナム語)での相談は、岡山市外国人総合相談窓口でお受けします。

  • 場所
    岡山市北区大供1-1-1 岡山市役所本庁舎1階
  • 日時
    月曜日から金曜日 9時00分から午後4時00分(祝日、年末年始を除く)
  • 電話
    086-803-1128

メールマガジン 岡山市感染症エクスプレス(市民向け)

医療機関のみなさまへ

新型コロナウイルス感染症が疑われる方、上記の帰国者・接触者相談センターにご連絡ください。なお、院内での感染対策を徹底していただきますようお願いします。

施設関係のみなさまへ

令和2年度 新型コロナウイルス感染症予防対策研修会(高齢者入所施設向け)

研修会で講義中に使用した資料です。施設内研修等にお使いください。

社会福祉施設等における新型コロナウイルス感染症対策の手引き

 この手引きは、施設から保健所に寄せられた主な質問に対しての回答や、患者発生時の初動対応のフローチャート等を掲載しています。

 1)日々の感染症対策
 2)患者発生時の対応
 3)施設内集団感染発生時の対応のフェーズに分け、新型コロナウイルス感染症対策の考え方とそれぞれのフェーズに合わせてお使いいただけるツールをまとめております。

新型コロナウイルスの集団感染を防ぐために

多数の人がいる場所は、感染のリスクが高くなります。
集団発生をふせぐために「密」を避けましょう。

3つの「密」

  1. 換気の悪い密閉空間
  2. 多数が集まる密集場所
  3. 間近で会話や発生をする密接場面

の3つの条件がそろう場所の条件がそろう場所は、クラスター(集団)発生のリスクが高くなります。

新型コロナウイルス感染症の予防啓発チラシをご活用ください

新型コロナウイルス感染症の予防啓発チラシを作成しました。
ご自由に配布・掲示にご活用ください。

お問い合わせ

保健福祉局保健所保健課 感染症対策係

所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1262 ファクス: 086-803-1337

お問い合わせフォーム