ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

高収益作物次期作支援交付金のご案内

[2020年9月17日]

ID:24031

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

新型コロナウイルス感染症の影響を受けた高収益作物(野菜・果樹・花き等)の次期作に前向きに取り組む生産者を支援する、国の制度です。 詳細については、農林水産省のホームページ及び国が作成したパンフレットにてご確認いただけます。

農林水産省のホームページ別ウィンドウで開く

国が作成したパンフレット別ウィンドウで開く


支援対象となる生産者

以下の条件を全て満たす方が対象です。

  • 令和2年2月から4月の間に野菜・花き・果樹・茶について、出荷実績がある又は廃棄等により出荷できなかったことがあること。
  • 収入保険、農業共済等のセーフティネットに加入している又は今後加入する意向があること。

※ 令和2年5月以降に出荷を開始した場合の支援対象については、今後の公募の際に、農林水産省から示される予定です。


事業の内容

本事業は、3つの支援に分かれています。いずれか1つ又は複数の支援を組み合わせて申請することができます。


事業1:次期作に向けた種苗等の資材購入や機械レンタル等の取組を支援

取組要件

次の取組のうち2つ以上を実施した岡山市内のほ場に対し、交付金を交付します。

具体的な取組内容例については、高収益作物次期作支援交付金の取組例別ウィンドウで開くにてご確認ください。

 ア 生産・流通コストの削減に資する取組

 イ 生産性又は品質向上に要する資材等の導入に資する取組

 ウ 土づくり・排水対策等作柄安定に資する取組

 エ 作業環境の改善に資する取組

 オ 事業継続計画の策定の取組

※注意事項

  • 交付は一ほ場につき1回限りです。
  • 同じ項目の取組の重複及びエとオの組み合わせはできませんので、ご注意ください。
  • 取組の対象期間は、令和2年4月30日から令和3年3月31日までです。
  • 取組項目エの「安全講習会(eラーニング)」については、農研機構などのホームページにて随時実施が可能です。詳しくは、下記関連情報にてご確認ください。


支援単価

(1)基本単価:10アールあたり5万円(中山間地域等では5.5万円)

(2)施設栽培のうち高集約型品目の単価

  • 施設栽培の花き、大葉及びわさび:10アールあたり80万円
  • 施設栽培のマンゴー、おうとう及びぶどう:10アールあたり25万円

※注意事項

  • (2)の対象施設は、加温装置又はかん水装置がある施設です。いわるゆ雨よけハウスは除きます。
  • (2)を申請される場合、エとオの取組項目は選択できません。
  • (2)のうち単価80万円の支援を申請される場合は、国の実施要領別紙1-1の別表1のイの3(品目・品種等の導入)に取り組む必要があります。


事業2: 新たな品種や新技術の導入等の取組を支援

取組要件

次の取組のうち1つ以上を実施した生産者に対し、交付金を交付します。

  ア 新たに直販等を行うためのホームページ等の環境整備

  イ 新品種・新技術導入等に向けた取組

  ウ 海外の残留農薬基準への対応又は有機農業、GAP等の取組

※注意事項

  • 取組の対象期間は、令和2年4月30日から令和3年3月31日までです。
  • 各取組類型(ア・イ・ウ)に基づく交付は、一ほ場につき1回限りです。


支援単価

10アールあたり2万円(中山間地域等では2.2万円) × 取組数〔最大で3取組(ア・イ・ウ全て)〕


事業3: 高品質なものを厳選して出荷する取組を支援

取組要件

高品質なものを厳選して出荷する取組に対して、取組を行った人数・日数に応じ、1人・1日あたり2,200円を交付します。

※新型コロナウイルス感染症の影響を受け、令和2年2月1日以降、厳選出荷に取り組んだ期間が対象となります。


対象品目

花き、茶、施設栽培の大葉・わさび・マンゴー・おうとう・ぶどう

※注意事項

  • 施設栽培のうち、いわゆる雨よけハウスは除きます。


対象となる取組の例

  • フラワーネット張りの調整
  • 芽かき・摘花・整枝
  • 冷蔵貯蔵等による出荷調整 等


申請手続きについて

1.必要書類

(1) 令和2年度高収益作物次期作支援交付金申請書(別紙様式第6-1号)別ウィンドウで開く

(2) 取組計画書(別紙様式第6-2号)別ウィンドウで開く

(3) 取組内容記入シート

  ※事業2及び3の場合は不要

(4)参考様式

(5) 令和2年2月から4月の間の出荷実績が分かる資料(納品書の写し等)※1

(6) 農地面積が確認できる資料(令和2年度営農計画書の写し等)※2


※1:廃棄の場合、前年産の出荷実績がわかる資料及び今年産の廃棄の理由書(任意様式)

※2:特定農作業受委託契約を締結している場合は、契約書の写しも添付してください。

※ その他、要件の確認等に必要な書類の提出を求める場合があります。


2.受付窓口・問い合わせ先

(1)JA岡山組合員の方

最寄りの営農センター又はJA岡山営農部指導課

(2)JA岡山組合員以外の方

岡山市農林水産課

住所 〒700-8544 岡山市北区大供1-1-1

電話 086-803-1344

※新型コロナウイルス感染症対策のため、原則、郵送でご提出ください。


3.提出期限

国の公募スケジュールが確定しましたら、改めて期限をお知らせします。


その他留意事項

  • 申請書等の交付関係書類や取組を実施したことが確認できる資材の購入伝票、作業日誌等の証拠書類は、交付申請を行った年度の翌年度から5年間保管してください。
  • 国による審査等が行われた結果、申請された内容の一部、又はすべてが承認されない場合があります。
  • 状況により、交付要件が変更される可能性があります。
  • 本交付金は国の補助事業であり、同じ取組に対して2つの補助を受けることは禁止されていますので、ご注意ください。なお、「持続化給付金」は補助金ではないため、本交付金と併せて申請いただくことが可能です。


【関連情報】安全講習会(eラーニング)について

パンフレット・申請書様式等

岡山県が開催する農作業安全研修会について ※申込は締め切られました。

お問い合わせ

産業観光局農林水産部農林水産課 生産流通係

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1344 ファクス: 086-803-1739

お問い合わせフォーム