ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

農作業安全対策

[2022年9月8日]

ID:17072

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

秋の農作業安全運動強化期間(8月20日から10月31日)

見直そう!農業機械作業の安全対策

作業機械作業による死亡事故が多発している状態が継続しています。

特に死亡事故の発生割合が高い乗用型の農業機械の作業におけるシートベルト・ヘルメットの着用徹底など、農業機械作業の安全対策を見直しましょう。

コンバインでの農作業に気をつけよう!

後退時は、より慎重に!

コンバインの死亡事故で最も多いのが、転落・転倒事故です。

特に、後進時に注意です。

進行方向の安全を十分に確認し無理のない運転をしましょう。

巻き込まれ事故に注意!

巻き込まれ事故はエンジン非停止が原因となることが多い点検整備・清掃中と手こぎ作業時に多く発生しています。

・点検整備・清掃作業では、エンジンを必ず停止しましょう。

・手こぎ作業は、適切な服装をし、機体の内側に手を入れないようにしましょう。

水路等への転落事故に気をつけよう!

・危険な場所は“見える化”しましょう。

・水路等の見回りは注意が必要です。

 大雨や強風の中、ほ場を見回りに行くのは大変危険です。
 ほ場の見回りは大雨・強風が収まってからにしましょう!

携帯電話を持ち歩こう!

自宅近くでの作業でも、万が一の事故に備えて、家を出るときは携帯電話を必ず持ち歩くようにしましょう。

秋の農作業安全運動強化期間

トラクター追突事故多発中!

トラクターの追突事故が多発しています。

車外に放り出される重傷事故が起きています。

こんなとき、シートベルトを着用していれば追突時の車外放出を防ぐことが可能です。

トラクターを運転するときは、シートベルトを着用しましょう。

トラクター追突事故多発中

農業機械の盗難被害を防止しましょう

農業機械の盗難防止に3つの対策を!営農に不可欠な機械を守りましょう。

(1)農地において帰らない

(2)エンジンキーは必ず抜く

(3)鍵のかかる場所に保管

農業機械の自動走行に関する安全性確保ガイドラインについて

農林水産省が、ロボット農機の安全性確保のためにメーカーや使用者が順守すべき事項等を定めた「農業機械の自動走行に関する安全性確保ガイドライン」について、ロボット小型汎用台車に対応する改正等を行ったので、お知らせします。

詳細は、農林水産省ホームページをご確認ください。

「農業機械の自動走行に関する安全性確保ガイドライン」の改正について別ウィンドウで開く(農林水産省ホームページ)


農作業中の熱中症対策について

農作業中の熱中症による死亡者数は、平成22年から令和元年の10年間で251人となっており、7月から8月に70代以上の方が屋外作業を行う時に多く発生しています。
農業従事者の中には、熱中症の具体的な症状が分からず、知らず知らずに熱中症にかかっている方が多くいます。こまめに水分と塩分の補給や休憩をとるようにしましょう。

夏の農作業でこころがけること

  1. 日中の気温の高い時間帯を外して作業を行いましょう。
  2. 作業前・作業中の水分補給、こまめな休憩をとりましょう。
    ・のどが渇いていなくても20分おきに休憩し、コップ1杯から2杯以上を目安に水分補給を。
    ・日陰等の涼しい場所で休憩し、作業着を脱ぎ、手足を露出して体温を下げましょう。
  3. 熱中症予防グッズを活用しましょう。
    ・帽子や吸汗速乾性素材の衣服、送風機やスポットクーラーなどを活用しましょう。
  4. 単独作業は避けましょう。
    ・作業は2人以上で行うか、時間を決めて水分・塩分補給の声掛けを行うなど、定期的に異常がないか確認し合うようにしましょう。
  5. 高温多湿の環境を避けましょう。
    ・作業場所には日よけを設ける等、できるだけ日陰で作業するようにしましょう。
    ・ビニールハウスなどの施設内は風通しが悪く、早い時期、早い時間から暑さ指数が高くなります。風通しを良くしたり、断熱材を活用したりしましょう。

熱中症対策を含む農作業安全対策に関する情報(農林水産省)別ウィンドウで開く

お問い合わせ

産業観光局農林水産部農林水産課 生産流通係

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1344 ファクス: 086-803-1739

お問い合わせフォーム