ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

Language

乳幼児(生後6か月~4歳)新型コロナワクチン接種について

[2022年10月26日]

ID:42336

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

 岡山市では生後6か月~4歳の方へ、11月8日(火曜日)に接種券を発送しました。

 接種券が届き次第、予約・接種が可能です。予約・接種開始日は、医療機関によって異なります。

乳幼児接種の概要

接種の対象

1回目の接種日時点で生後6か月から4歳以下の方

接種回数

3回

(補足)生後6か月から4歳のお子様は、合計3回接種して初回接種が完了します。3回で1セットですので、早めの接種予約をご検討ください。

接種を受ける際の費用

全額公費で接種を行うため、無料で接種できます。

実施期間

令和5年3月31日まで

乳幼児用のワクチン接種は、3回接種を受けることで初回接種が完了します。新型コロナワクチンの接種を無料で受けられる期間は、現時点で令和5年3月31日までとなっているため、3回の接種を完了するためには、令和5年1月13日(遅くとも令和5年1月15日)までに1回目の接種を受ける必要があります。

接種するワクチンと回数・間隔・対象年齢

乳幼児初回接種の接種回数・間隔・対象年齢
 1回目接種  2回目接種3回目接種 
ワクチン ファイザー社(生後6か月~4歳用)ファイザー社(生後6か月~4歳用)ファイザー社(生後6か月~4歳用)
接種間隔        -通常、1回目接種後3週間(注1)2回目接種後8週間以上
接種対象年齢1回目の接種日に生後6か月~4歳(注2)1回目の接種日に生後6か月~4歳(注2)1回目の接種日に生後6か月~4歳(注2)

(注1)2回目は1回目接種後、通常3週間あけて受けますが、1回目接種から18日の間隔をあけて、最短で19日後からの接種が可能です。3回目は2回目接種後、8週間あけて受けます。前回の接種から間隔が既定の期間を超えた場合でも、1回目から受け直す必要はありません。できるだけ速やかに接種を受けていただくことをお勧めします。

(注2)接種については、1回目の接種時の年齢に基づいて判断します。1回目の接種時に4歳だったお子様が、2回目及び3回目の接種時までに5歳の誕生日を迎えた場合、2回目及び3回目接種にも1回目と同じ乳幼児用ワクチンを使用します。

(補足)5歳の誕生日の前日以降に1回目を接種する場合は、小児(5~11歳)用ワクチンを計2回接種します。なお、届いた接種券はそのままお使いいただけます。

他のワクチンとの接種間隔

新型コロナワクチンとインフルエンザワクチンとの同時接種は可能です。ただし、インフルエンザワクチン以外のワクチンは、新型コロナワクチンと同時に接種できません。互いに、片方のワクチンを受けてから2週間後に接種できます。

(補足)創傷時の破傷風トキソイド等、緊急性を要するものに関しては、例外として2週間を空けずに接種することが可能です。

乳幼児接種に関するQ&A

厚生労働省のサイトによくある質問とその回答が掲載されています。

詳しくは下記バナーをクリックしてください。

例)

  • なぜ、乳幼児(生後6か月~4歳)の接種が必要なのですか。
  • 乳幼児(生後6か月~4歳)の接種では、どのような効果がありますか。
  • 接種する量や回数、接種間隔は、成人や小児(5~11歳)と同じですか。
  • 乳幼児(生後6か月~4歳)の接種にはどのような副反応がありますか。

厚生労働省からのお知らせ

厚生労働省作成のリーフレットとワクチンについての説明書を掲載しています。

詳しくは画像をクリックしてください。

乳幼児新型コロナワクチン接種についてのお知らせ

新型コロナワクチン接種についてのお知らせ(生後6か月~4歳のお子様の保護者の方へ)[PDF:1.6MB]

ワクチン説明書(乳幼児(生後6か月~4歳)接種用)

ファイザー社の新型コロナワクチン接種について(乳幼児(生後6か月~4歳)接種用)[PDF:1MB]

乳幼児接種の流れ

  1. 岡山市より対象者に接種券を発送します。届き次第、予約・接種が可能です
  2. ワクチンを受けることができる医療機関や接種会場をお探しください。
  3. 電話やインターネットで予約をしてください。

▶お子様に基礎疾患があるときなど、ワクチンについての疑問や不安があるときは、かかりつけ医等によくご相談ください。

接種券発送スケジュール

乳幼児接種券発送スケジュール
対象者  接種券発送日
平成29年11月10日から令和4年5月8日までに生まれた方令和4年11月8日(火曜日)
令和4年5月9日から令和4年5月15日までに生まれた方令和4年11月15日(火曜日)
令和4年5月16日から令和4年5月22日までに生まれた方令和4年11月22日(火曜日)
令和4年5月23日以降生まれた方で、新たに生後6か月に到達した方令和4年11月29日以降、毎週火曜日に順次発送
※発送日時点において、生後6か月に到達した方から順次発送します

接種が受けられる場所

市内の個別医療機関で接種できます。

接種できる医療機関の一覧は、こちらからご確認ください。

予約方法(接種券が届くまで、予約はできません)

1.医療機関に直接予約

 インターネット予約を行わず、電話または直接来院で予約を受け付ける医療機関もあります。医療機関ごとの予約方法などが確認できる「接種可能な医療機関の一覧」はこちらからご確認下さい。

2.インターネット予約

 下記のリンクから予約システムをご利用ください。

   [岡山県共通予約システム]⇒ https://v-yoyaku.jp/330001-okayama別ウィンドウで開く

システムの操作に不安がある場合は、コールセンターでの代行入力も受け付けています。代行できるのは、ネット予約が可能な医療機関のみです。※ファクス申込(086-803-1775)は、聴覚障害のある方のみ受け付けます。

 岡山市新型コロナワクチンコールセンター 0120-780-910 
 (日曜・祝日を除く 8時30分から17時30分まで)

接種当日について

お子様のワクチン接種には、予診票への保護者の方の署名と当日の立ち合いが必要です。

保護者が特段の理由で同伴することができない場合は、お子様の健康状態を普段から熟知する親族等で適切な方が、保護者から委任を受けて同伴することが可能ですが、委任状が必要となります。委任状の様式は予診票裏面に印刷されているものをお使いください。なお、その場合も予診票表面の署名欄には保護者の方の署名が必要です。

接種当日の持ち物

  • 本人確認書類(マイナンバーカード、健康保険証等)
  • 予診票
  • 接種済証の用紙
  • 親子手帳(母子健康手帳)※お子様のワクチン接種履歴は親子手帳で管理しているため必ずお持ちください。

(注意)新型コロナワクチン乳幼児接種の対象者には、「1回目」「2回目」「3回目」用の予診票を計3枚お送りしています。予診票右上に接種回数を記載していますので、1回目を打つ時に、2回目や3回目の予診票を医療機関に持って行かないよう、事前によく確認をお願いします。

接種に関する相談窓口

お問い合わせ内容ごとに相談窓口を設置しています。

ワクチン接種についてご相談があるときは下記連絡先へご相談ください。
乳幼児接種相談窓口

お問い合わせ

保健福祉局 保健福祉部 保健管理課
所在地: 〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号
電話: 086-803-1307  ファクス: 086-803-1775