ページの先頭です

共通メニューなどをスキップして本文へ

スマートフォン表示用の情報をスキップ

建設リサイクル法について

[2020年2月20日]

ID:18395

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

建設リサイクル法とは、正式な法律名は「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」のことです。
平成12年5月に公布され、平成14年5月30日から本格施行されました。
また、平成14年5月30日から、建設リサイクル(分別解体等及び再資源化等)が義務化されました。
概要として

  • 一定規模以上の建築物の解体等に当たっては、技術基準に従い、工事現場における特定建設資材の分別解体や再資源化等が義務付けられています。
  • 解体工事の届出、報告及び解体工事業の登録が義務付けられています。

『「建設工事に係る資材の再資源化等に関する法律」(建設リサイクル法)の施行に伴う事務処理の手引き』を作成していますので、以下の資料に沿い事務手続きを行ってください。

お問い合わせ

財政局財務部監理検査課 技術監理担当

所在地: 〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号 [所在地の地図]

電話: 086-803-1368 ファクス: 086-803-1764

お問い合わせフォーム