このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 事業者情報 >  都市計画・開発・建築  >  屋外広告物 >  屋外広告業の登録制度



ここから本文です。

屋外広告業の登録制度

岡山市内で「屋外広告業」を営む場合は、岡山市長の登録を受けなければなりません。

屋外広告業の登録制について

 岡山市内で屋外広告業を営もうとする方は、県内に営業所があるか否かを問わず、岡山市に屋外広告業登録の登録を受けなければなりません。
 また、登録申請の際には、一定の要件を満たした業務主任者を選任し、市内で営業を行う営業所ごとに設置することが必要です。
 ただし、、岡山県又は倉敷市の条例が適用される区域内において、すでに登録を受けて屋外広告業を営んでいる者が、岡山市内で屋外広告業を営もうとする場合は、新たに登録を受ける必要はなく、届出をすればよいという特例があります。(登録料は免除されます。)

屋外広告業とは

 屋外広告物の広告主から屋外広告物の表示または屋外広告物を掲出する物件の設置に関する請け負い、屋外で公衆に表示することを業として行う営業をいいます。
 この場合、元請けまたは下請けといった立場の形態の如何は問いませんが、屋外広告物の表示または屋外広告物を掲出する物件の設置を請け負わないようないわ ゆる広告代理業等は屋外広告業に該当しないものとされています。
 また、単に屋外広告物の印刷、製作等を行うだけで、現実に屋外広告物を表示したり、屋外広告物を掲示する物件の設置を行わないものも屋外広告業には該当しません。

登録の申請について

登録を受けようとする場合は、下表に従って所定の登録申請書等に必要事項を記載し、1部を提出してください。
「必要」と記載がある項目が必要書類です。様式13号、14号、15号については表下に添付してありますので、ダウンロードして利用してください。

屋外広告業登録(新規・更新)申請書類一覧表
書類の名称 (様式番号) 申請者の区分 備考
 個人 未成年の個人 法人
(様式13号)登録申請書 必要 必要 必要 市が発行する納付書で登録手数料を納めてください。
(様式14号)略歴書 申請者 必要 必要 必要 法人の場合、法人自体の略歴書も必要です。
法定代理人 - 必要 -  
法人役員
(全員必要)
- - 必要  
(様式第15号) 誓約書 必要 必要 必要 登録申請者自身が誓約するものです。
住民票の抄本 申請者 必要 必要 - 住民票は、6ケ月以内に発行されたものに限ります。
本籍地の記載は不要です。(コピーは不可です。)
法定代理人 - 必要 -
法人役員
(全員必要)
- - 必要
業務主任者 必要 必要 必要
登記事項証明書 - - 必要 登記事項証明書は、6ケ月以内に
発行されたものに限ります。(コピーは不可です。)
業務主任者となる資格を証する書面 必要 必要 必要 屋外広告物講習会修了証書の写しなど

(注意事項)上記書類が不足しますと、受付ができませんのでご注意下さい。

登録手数料について

登録手数料は、1万1千円(新規・更新とも)です。
(注意事項)申請後、納入通知書を発行しますので、指定の金融機関で納付してください。

登録の有効期間について

屋外広告業の登録有効期間は5年間です。5年ごとに更新の登録を受けないと登録の効力はなくなります。また、更新の登録を受けるには、現に受けている登録の有効期間が満了する日の30日前までに更新の登録申請をしなければなりません。

申請書類の提出方法について

提出方法
都市計画課まで持参又は郵送してください。
郵送の場合は申請手続き事務担当者名および連絡先を明記していただくようお願いします。

業務主任者について

屋外広告業者は、市内で営業を行う営業所ごとに、業務主任者を設置して法令の規定の遵守に関すること、広告物の設置に関する工事の適正な施工や安全の確保に関すること等の業務に関する総括を行わせなければなりません。

業務主任者となることができる要件

  1. 都道府県、指定都市又は他の中核市の実施する講習会の課程を修了した者
  2. 登録試験機関が広告物の表示等に関し必要な知識について行う試験に合格した者
  3. 職業能力開発促進法に基づき、広告美術に関し、職業訓練指導員免許を受け、技能検定に合格し、又は職業訓練を修了した者

(注意事項)平成17年9月30日までの改正前における岡山市屋外広告物条例第35条第1項 に規定する講習会修了者等である方(屋外広告士、屋外広告物講習会修了者等)は、業務主任者となる資格を有する者とみなされます。

岡山県又は倉敷市の条例に基づく登録を受けた者に関する特例について

岡山県又は倉敷市の条例に基づき登録を受けて屋外広告業を営んでいる者が、岡山市内で屋外広告業を営む場合、新たに登録を受ける必要はなく、下の表に従って所定の「特定屋外広告業届」に必要事項を記載し、1部提出してください。なお、岡山県又は倉敷市の条例に基づき登録を受けて屋外広告業を営んでいる者が、岡山県又は倉敷市の条例に基づいて「更新の登録」を受けた場合、再度、上記の届出が必要です。

(1)届出書類一覧
 「必要」と記載がある項目が必要書類です。様式16号の8については表下に添付してありますので、ダウンロードして利用してください。

特例に基づく屋外広告業届の届出書類一覧表
書類の名称 (様式番号) 申請者の区分 備 考 根拠条項
個人 未成年の個人 法人
(様式16号の8)特例屋外広告業届 必要 必要 必要 手数料は必要ありません。
  • 条例第33条の14
  • 規則第23条の10第1項
岡山県又は倉敷市の登録を受けたことを証する書面 必要 必要 必要 屋外広告業登録済証の写し(有効期間内のもの)
  • 規則第23条の10第2項
業務主任者となる資格を証する書面 必要 必要 必要 屋外広告物講習会修了証書の写しなど
  • 規則第23条の10第2項

(注意事項)上記書類が不足しますと、受付ができませんのでご注意下さい。

(2)届出手数料必要ありません。

登録後(届出後)の注意事項

(1)標識の掲示
 屋外広告業者は、営業所ごとに、公衆の見やすい場所に以下の事項を記載した標識を掲示する義務があります。

様式第16号の4

様式第16号の5

(2)帳簿の備付け
屋外広告業者は、広告物の表示または設置の契約ごとに下記の表に掲げる内容を記した帳簿(様式第16号の6)を作成し、これを営業所に備え置かなければなりません。ただし、電子計算機に備えられたファイル又は磁気ディスク、シー・ディー・ロムその他これらに準ずる方法により一定の事項を確実に記録しておくことができる物(以下「磁気ディスク等」という。)に記録され、必要に応じ屋外広告業者の営業所において電子計算機その他の機器を用いて明確に紙面に表示されるときは、当該記録をもって前項の帳簿への記載に代えることができます。帳簿は事業年度の末日で閉鎖し、その後5年間保存しなければなりません。

(3)その他
登録(届出)事項に変更があった場合や屋外広告業を廃業・廃止した場合、届出が必要です。

行政処分等について

登録を受けずに屋外広告業を営んだ場合、又は不正な手段により登録を受けた場合など岡山市屋外広告物条例又は規則に違反した者は、登録の取消し又は営業の停止、1年以下の懲役又は50万円以下の罰金、過料に処される場合があります。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

都市整備局都市計画課 都市景観係
電話:086-803-1373 ファクス:086-803-1741
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。