このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 事業者情報 >  都市計画・開発・建築  >  都市計画 >  都市計画基礎調査データ集



ここから本文です。

都市計画基礎調査データ集

「都市計画基礎調査」とは、都市計画法第6条によって規定される法定調査。

都市計画基礎調査の目的

都市計画を策定するためには、都市の現状と動向等に関する基礎的資料を収集把握し、それに基づいて現状分析、課題の把握、将来予測、計画の立案を行うことが求められます。このため、都市計画基礎調査は、都市計画に係る最も土台となる調査として、概ね5年ごとに実施しています。

都市計画基礎調査の項目

人口、産業、住宅、土地利用、建物、都市施設など都市の現状と都市化の動向等について広範囲なデータを収集します。
最近の調査:平成9年、平成元年、昭和56年

  • 岡山市都市計画基礎調査(H18)

都市計画法 第6条

都道府県は、都市計画区域について、おおむね5年ごとに、都市計画に関する基礎調査として、国土交通省令で定めるところにより、人口規模、産業分類別の就業人口の規模、市街地の面積、土地利用、交通量その他国土交通省令で定める事項に関する現況及び将来の 見通しについての調査を行うものとする。この場合において、都道府県は、関係市町村に対し、資料の提出その他必要な協力を求めることができる。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局都市計画課 土地利用係
電話:086-803-1372 ファクス:086-803-1741
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。