このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  安全・安心なくらし >  災害支援 >  平成30年7月豪雨 >  東京都による被災者の受け入れについて



ここから本文です。

東京都による被災者の受け入れについて

東京都では、平成30年7月豪雨により、住宅に被害を受けられ、り災証明書が発行された世帯をはじめ、住宅が損壊又は浸水するなど、居住継続が困難になった世帯に対し、一時的な緊急避難施設として都営住宅等の提供を行っています。

  • 提供戸数:都営住宅等 220戸程度(都営住宅170戸、公社住宅50戸)
  • 入居資格:り災証明書が発行された世帯
  • 使用期間:当面6か月(最長1年まで更新可)
  • 使用料・敷金・駐車場使用料:免除(光熱水費は自己負担)
  • 受付期間:平成30年7月18日(水曜日)から平成30年7月24日(火曜日)
  • 受付時間:午前9時から午後6時まで(土日含む)
  • 入居開始:受付期間終了後、概ね1週間程度

問い合わせ・受付窓口

平成30年7月豪雨被災者受付窓口(東京都住宅供給公社内)
電話 03-3409-4522

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

受付窓口
平成30年7月豪雨被災者受付窓口(東京都住宅供給公社内)
電話 03-3409-4522

都市整備局 住宅・建築部 住宅課 計画係
電話:086-803-1466
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。