このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  住宅(おすまいねっと) >  空き家再生・活用の取組み >  空家等適正管理支援事業(空き家診断)



ここから本文です。

空家等適正管理支援事業(空き家診断)

適切な管理が行われていない空き家が、防災、防犯、衛生、景観などの観点から、市民の生活環境に深刻な影響を及ぼさないよう、耐震性や劣化性を診断する経費への補助を行い、空き家の活用の促進を図っています。

事業の概要(詳細につきましては下記「参考資料」をご覧ください。)

補助金交付の対象となるひと

  • 空き家の所有者
  • 市税を滞納していない者
  • 暴力団員(暴力団員でなくなった日から5年を経過していない者を含む)でない者

補助対象空き家

【耐震診断等】

  1. 岡山市内にある一戸建て木造住宅
  2. 昭和56年5月31日以前に着工されたものであること
  3. 構造が、丸太組工法及び建築基準法の一部を改正する法律(平成10年法律第100号)第3条の規定による改正前の建築基準法(昭和25年法律第201号)第38条の規定に基づく認定工法以外の木造
  4. 地上階数が2以下のものであること
  5. 概ね1年以上空き家となっているもの

【劣化診断】

  • 同上(ただし、2. 3. は除く)

補助事業

◎空き家診断
 【昭和56年5月31日以前に着手したもの】
  耐震診断等+劣化診断
 【昭和56年6月1日以降に着手したもの】
  劣化診断のみ

  • 耐震診断等(既存住宅の耐震診断及びこれに付随する調査等)
  • 劣化診断(「既存住宅インスペクション・ガイドライン」(平成25年6月国土交通省策定)に則して行う既存住宅現況検査)
  • 平成30年1月末までに実績報告書提出の見込みがあるもの

*木造住宅耐震改修補助制度についてはこちらをご確認ください。

補助金額

補助事業に要する金額を補助します。

【耐震診断等】

  • 耐震診断
    200平方メートル以下の場合 一般診断 6万円(定額)
    200平方メートルを超える場合 一般診断 6万8千円(定額)
  • 上記を精密診断で行う場合は、対象事業費×2/3(上限額は8万8千円)

【劣化診断】
 劣化診断      6万円(定額)

*予算に達ししだい受付終了します。
 

手続きの流れ

申請受付 平成29年5月1日(月曜日)から平成29年12月22日(金曜日)まで
*補助要件の確認及び添付資料のご案内のため、ぜひ事前相談にお越しください。(相談にお越しになる際は、必ず事前に予約をしてください。)

手続きの流れ

参考資料

リンク集

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

都市整備局建築指導課 空家対策推進室
電話:086-803-1410
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。