このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  住宅(おすまいねっと) >  新たな住宅セーフティネット制度について



ここから本文です。

新たな住宅セーフティネット制度について

新たな住宅セーフティネット制度について

民間賃貸住宅や空き家等を活用した、高齢者、低額所得者、子育て世帯等の住宅確保要配慮者向け住宅の登録制度等を内容とする「住宅確保要配慮者に対する賃貸住宅の供給の促進に関する法律の一部を改正する法律」が平成29年4月26日に公布、平成29年10月25日施行されました。
この新たな住宅セーフティネット制度は、(1)住宅確保要配慮者向け賃貸住宅の登録制度、(2)登録住宅の改修や入居者への経済的な支援、(3)住宅確保要配慮者に対する居住支援、の3つから成り立っています。

登録制度

賃貸人は面積や構造、設備等について一定の基準を満たす住宅を住宅確保要配慮者の入居を拒まない賃貸住宅として、岡山市に登録することができます。
登録のシステムについては下記リンクをご参照ください。

※申請される方は本庁舎6階、住宅課までお越しください。

住宅の整備に関する補助について

国では、入居者を住宅確保要配慮者に限定した住宅確保要配慮者専用賃貸住宅の改修に係る工事費の一部を補助する、「住宅確保要配慮者専用賃貸住宅改修事業」を実施しています。詳しくは下記ホームページをご覧ください。

このページに関するお問い合わせ

都市整備局 住宅・建築部 住宅課 計画係
電話:086-803-1466
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。