このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  都市整備 >  道路・交通・区画整理・港湾 >  自転車走行空間社会実験



ここから本文です。

自転車走行空間社会実験

市道南方柳町線において行った自転車走行空間社会実験は終了しました。

 
 「市道南方柳町線自転車走行空間社会実験」は、平成23年12月16日をもちまして終了いたしました。
社会実験にあたり、市民の皆様をはじめ関係者各位にご協力を頂き誠にありがとうございました。
実験に伴い実施しましたアンケート調査および交通量調査等を基に、今後の自転車走行空間整備等に活用してまいります。

以下は今回実施した実験の概要です。

実施期間

平成23年11月29日(火曜日)~平成23年12月16日(金曜日)

実施箇所

岡山市北区駅元町地内(詳細は下記PDFファイル参照)

実験内容

・実施区間において、路肩部分に青色のラインを引き、自転車誘導帯として明示。

・平成23年12月5日(月曜日)から12月9日(金曜日)の各日午前7時から午前9時及び午後3時から午後5時に交通誘導員を配置し、自転車利用者を誘導。

・自転車走行空間の整備前後における自転車利用者及び歩行者の安全性・快適性の変化、交差点における通行動線及び当該路線への本格設置の有効性についての検証。

・社会実験の評価を通して、他道路への整備意向等、自転車走行空間整備に対する意向を把握し、その有効性についても検証。

実験スケジュール

・啓発チラシ配布 
 平成23年11月26日(土曜日)~平成23年11月30日(水曜日)

・整備前通行量調査
 平成23年11月29日(火曜日)

・路肩部分青線施工
 平成23年12月1日(木曜日)

・交通誘導員による誘導
 平成23年12月5日(月曜日)~平成23年12月9日(金曜日)の各日午前7時から午前9時及び
 午後3時から午後5時

・整備後通行量調査及びアンケート調査等
 平成23年12月13日(火曜日)

啓発チラシ(PDF)

実験結果

※自転車レーン設置による一定の効果が確認でき、アンケートにおいても整備したレーンを残したほうが良いとの意見が多かったため、自転車レーンは現状のまま残しております。自転車走行は車道の左側通行が原則です。ルールを守って安全に自転車を利用しましょう。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

都市整備局交通政策課 自転車先進都市推進室
電話:086-803-1375 ファクス:086-234-0435
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。