このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  都市整備 >  道路・交通・区画整理・港湾 >  足守地区生活バス(公共交通空白地有償運送)



ここから本文です。

足守地区生活バス(公共交通空白地有償運送)

1 足守地区の概要

足守地区は岡山市の北西部に位置し、面積約69平方キロメートルの地域 でそのほとんどが吉備高原の山並みに囲まれた丘陵地帯の農山村地域です。
地区内の人口は約7千人で、高齢化率は約33パーセント(平成23年7月現在)と市内の他地域に比べて高く、高齢化、過疎化が進んでいます。
主な産業は、農業・畜産で水稲のほかメロン、しいたけ、ごぼうなどが作られており、毎年10月中旬には足守メロン祭りが開かれています。

また、足守地区には旧足守藩侍屋敷や旧藩主木下家庭園近水園など歴史的・文化的な資源が多く、町並み保存地区と整備されており、幕末の蘭学者尾 形洪庵や白樺派の歌人木下利玄の出身地としても知られているほか、周辺には豊かな自然環境が残っており、市内最大の蛍の生息地として、5月下旬から6月上旬にかけては蛍の乱舞する様子が見られることで有名です。

2 公共交通空白地有償運送事業に至る経緯

平成16年3月中旬

  • 路線バスの運行縮小が行われ、4月から小学生のバス通学が困難になるほか、縮小された路線の維持も難しい状況から、生活交通手段の確保に苦慮していたところ、過疎地有償運送事業(現在:公共交通空白地有償運送事業)が構造改革特区から全国展開されることとなり、この制度の活用について検討を開始した。

平成16年4月

  • 運行主体について、足守地区で特別養護老人ホームを運営する岡山県済生会から、「地元が困っているのであれば、済生会として協力する。」との申し出があり、済生会を運行主体と想定して、関係機関との協議検討を行った。

平成16年7月

  • 「岡山市足守地区過疎地有償運送事業運営協議会(現在:岡山市足守地区公共交通空白地有償運送事業運営協議会)」を設置

平成16年8月

  • 地元検討組織「足守の生活交通を守る会」発足

平成16年9月

  • 足守地区全世帯を対象に、生活交通に関するアンケートを実施 

平成16年10月

  • アンケート結果をもとに済生会が事業計画を策定

平成16年11月1日

  • 運営協議会において事業計画承認

平成16年11月10日

  • 事業許可(80条許可)

平成16年11月22日

  • 「足守地区生活バス」(愛称)運行開始
  • 運行開始時登録会員数;404名

3 岡山市足守地区公共交通空白地有償運送事業運営協議会(平成16年7月14日設置)

  1. 目的   
    • 道路運送法第80条第1項の許可に基づく、交通機関空白の過疎地における有償運送事業を実施するにあたり、岡山市足守地区内における生活交通サービスを維持し、住民等の利便性向上を図ることを目的とする。
  2. 構成   
    • 岡山市主宰、国、県、学識経験者、交通事業者、利用者代表で構成

4 足守地区の生活交通をまもる会(平成16年8月22日設置)

  1. 目的
    • 岡山市足守地区における地域住民の生活交通を維持するにあたり、地域の協力体制を確立するとともに、地域の実情に応じた具体的な施策の検討を行うことを目的とする。
  2. 構成員
    • 連合町内会・小中学校PTA・商工会・老人クラブ・婦人会・民生委員児童委員協会・交通安全協会の代表者及び利用者代表で構成

5 具体的な事業内容

  1. 法的根拠
    • 道路運送法第80条第1項
      • 過疎地有償運送制度
  2. 運行主体
    • 社会福祉法人恩賜財団済生会支部岡山県済生会
      • 特別養護老人ホーム「憩いの丘」
  3. 運行内容(運行改善の試験運行実施中)
    • 【運行路線】 足守支所管内及び足守駅、大井川、大井川から吉備病院の間  
    • 【運 行 日】 月曜日から金曜日(祝祭日、年末年始12月29日から1月3日は運休)
    • 【運行便数】 山上線・千升線それぞれ1日3便往復
  4. 運送対象
    • 足守支所管内に住所を有する者及びその家族
    • 足守支所管内の公共施設等の利用者
  5. 利用方法
    • 利用希望者は事前に登録が必要。
    • 乗車はバス停に限定。ただし、足守地域センター管内で前日17時までの予約者に限りバス停以外で乗車可能。
    • 降車は足守地域センター管内フリー、足守地域センター管内以外ではバス停に限定。
    • 大井川~吉備病院間はクローズアップ(吉備病院行きは降車のみ、吉備病院発は乗車のみ)
  6. 利用料金
    • 500円
    • おかやま愛カード・障がい者・療育手帳提示者、小学生以下は200円
  7. 使用車両
    • 【千升線】日産キャラバン:10人乗り 1両
    • 【山上線】日野リエッセ:29人乗り 1両
      • (予備車)日産セレナ:8人乗り 1両
      • (予備車)日産キャラバン:10人乗り 1両

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

都市整備局 都市・交通部 交通政策課
電話:086-803-1376 ファクス:086-234-0435
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。