このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 岡山市 避難勧告等の判断基準について



ここから本文です。

岡山市 避難勧告等の判断基準について

1 岡山市避難勧告等の判断基準作成の目的
 避難勧告等の判断基準の作成は、各種災害が発生するおそれが予測されたとき、具体的な避難準備・高齢者等避難開始の発表基準または避難勧告もしくは避難指示(緊急)の発令基準を定め、適切なタイミングによる発表、発令および迅速かつ的確な情報伝達によって、市民等の生命を守ることを目的とする。
2 対象とする自然災害
 本マニュアルで、対象とする自然災害は下表に示す災害とする。

<対象とする自然災害> 

   大雨災害の種類    主に想定する誘因    災害形態


浸水害
河川等の
氾濫災害
・台風や前線による大雨 河川の堤防からの越水や決壊等による氾濫による災害
内水氾濫 ・台風や前線による大雨 内水形態の氾濫
土砂災害 ・短時間豪雨
・台風や前線による大雨
がけ崩れ(急傾斜地の崩壊)や土石流による災害
津波災害 ・地震 波源域から発生した津波による津波災害
高潮災害 ・台風や強風 潮位の異常による浸水災害
地震災害 ・地震 揺れに伴う建物倒壊、火災

岡山市 避難勧告等の判断基準(概要版)

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

危機管理室
電話:086-803-1082 ファクス:086-234-7066
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。