このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 避難するには



ここから本文です。

避難するには

避難するときの心得

正しい情報をつかみましょう

  • 気象台から発表される注意報・警報や気象情報に注意し、新しい情報の入手に心掛けましょう。
  • 危険を感じたり、避難の勧告・指示があったときは、火の始末をして素早く避難しましょう。
  • 非常持出袋等を持って、徒歩で避難しましょう。
  • がけや堤防など危険な場所には近づかないようにしましょう。

災害種別ごとの避難

お住いの地域の特性を考え、災害種別、規模などに応じた『避難』を考えましょう。状況に応じて判断し、早めに避難しましょう
 

洪水/内水氾濫(河川などに排水できず浸水が拡がる)などの場合

岡山市から発令される【避難勧告・指示】や河川水位や流域の雨の状況を参考に判断し、避難してください。岡山市から小中学校などの『避難先』が示されますが、移動するリスクと留まるリスクを比較し判断しましょう。自宅・近所の2階や高台なども『避難先』の選択肢の一つです。 
 

地震の場合

避難施設の安全確認などに時間がかかる場合もあり、地震による倒壊・火災を避けるため広い場所(広域避難場所、公園)などで災害情報を待つか、自分自身での判断を迫られる場面もあります。
自宅の損壊、余震のおそれ、ライフライン(電気・ガス・水道)の状況等を勘案し、自宅に戻る、生活避難所に行くなど選択します。
 

津波の場合

津波ハザードマップの浸水域外に原則避難し、無理な場合は、高い堅牢な建物に避難します。
岡山の場合、満潮/干潮、堤防の損壊により、被害想定が大きく変わり、注意が必要ですが、あわてず冷静に避難してください。
パニックになった人同士の『人災』も懸念されています。
南海トラフ巨大地震による津波警報時は、どのように逃げればよいか、市からの発令など待たずに行動できることが望ましいです。

非常持ち出し品をチェック

非常持ち出し袋

「非常持ち出し品」を用意しておきましょう。
あれこれ詰め込みすぎると、荷物が重くなって移動が大変です。
なるべく軽量でコンパクトにしておきましょう。
両手の自由がきくリュックなどにまとめ、持ち出しやすい場所に用意しておきましょう。


非常持ち出し品の一例

  • 懐中電灯
  • 救急医薬品・常備薬(キズ薬、ばんそうこうなど)
  • 携帯ラジオ
  • 貴重品(紙幣や健康保険証など)
  • 予備電池
  • 生活用品(衣類、軍手、缶切りなど)
  • 当面の食料品(乾パンなど)
  • 水(水筒・ペットボトルに入れて)

避難勧告などについて

拘束力の強弱のイメージ図

拘束力は、「避難準備情報」→「避難勧告」→「避難指示」の順で強くなります。


緊急度が高まります                            
危険度                          
岡山市の 避難準備情報 避難勧告 避難指示 (避難を判断する目安にしてください)
洪水・内水氾濫 洪水・内水氾濫 避難準備情報 風水害等拡大のおそれがある場合に発令(災害時要援護者は避難もしくは準備開始)
避難勧告 河川水位が避難判断水位を越え、水位が下がる見込みがないときや流域の雨の状況で発令
避難指示 河川堤防越水の可能性がある場合は、堤防付近の地区等に発令
地震 地震 避難準備情報 発令されない(東海地震予知情報等が発表されたときなどは、ホームページ等で注意喚起)
避難勧告 被災の状況を鑑み生活避難所の開設を中心に発令(施設の安全確認のために発令が遅れることも)
避難指示 建物等倒壊・火災などが激しい場所に発令
津波 津波 避難準備情報 津波注意報・津波警報時に発令
避難勧告 津波警報時に発令(岡山への津波到達時間や実際の波の高さの予想なども伝達)
避難指示 大津波警報(南海トラフ巨大地震時は波の高さ等発表されない想定)時に発令

 安全な場所に逃げることが、「避難」です。
 気象、地区の状況によって、岡山市指定避難所、自宅、近所の2階、高台等、どこに避難するか総合的に判断する必要があります。

地震発生!

まずは、空き地などの安全な場所へ

一時避難場所

家屋内にとどまることが危険な状態になった場合は、まずは、近くの空き地、公園、学校の運動場などの安全な場所へ避難しましょう。


避難はどこへ

「指定避難所」

岡山市から避難勧告や避難指示が出たときや、倒壊や火災などで自宅へもどれないような場合は、 岡山市立の小・中学校の体育館などに開設される避難所に避難します。 「指定避難所」は、岡山市立の小・中学校の体育館などが指定されています。

指定避難所


主な指定避難施設一覧

岡山市立の小学校
岡山市立の中学校
コミュニティハウス
公民館
その他施設
協定による避難所
津波避難ビル
福祉避難所

下の様な標識や案内板が設置されています。(一部設置されていません。)

避難場所誘導標識
避難場所誘導標識
道路などで避難場所の位置を示しています。

避難地内案内板
避難地内案内板
校門で体育館の位置などを示しています。

大火災が迫ってきたときには → 「広域避難場所」へ

お住まいの地域に大きな火災が迫って、「一時避難場所」や「指定避難所」でも危険となった場合に、その危険を避けるために設けられた広大な場所、そこが「広域避難場所」です。右のとおりです。

広域避難場所

広域避難場所

  • 烏城公園一帯
  • 岡山大学医学部附属病院
  • 岡山県総合グラウンド
  • 岡山大学
  • 岡山操車場跡地公園(仮称)
  • 県総合社会福祉センター一帯
  • 芳泉小・中学校・高等学校一帯
  • 岡山県トラックターミナル一帯
  • 西大寺小・中学校・高等学校一帯

下の様な標識や案内板が設置されています。(一部設置されていません。)

広域避難場所誘導標識
広域避難場所誘導標識
道路などで広域避難場所の位置を示しています。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

危機管理室
電話:086-803-1082 ファクス:086-234-7066
所在地:〒700-8546 岡山市北区鹿田町一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。