このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  防災・消防 >  防火 >  火災予防 >  スプレー缶及びカセットボンベは必ず中身を使い切りましょう!



ここから本文です。

スプレー缶及びカセットボンベは必ず中身を使い切りましょう!

 平成30年12月16日に北海道札幌市で発生した爆発火災では、50名以上の方々が負傷するなどの被害が発生しています。原因については、現在調査中ですが、大量のエアゾール製品が屋内で噴射され、これに引火したことが原因とみられています。
 過去に岡山市でも台所のシンクでスプレー缶のガスを抜きながら、ガスコンロの火をつけたため引火した事例があります。
 ガス抜きをする場合は、中身を使い切り風通しの良い屋外で実施するようにお願いします。

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

消防局 消防総務部 予防課
電話:086-234-1199
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。