このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  防災・消防 >  消防関連 >  お知らせ・ニュース >  地下タンクに関する規則等の一部改正



ここから本文です。

地下タンクに関する規則等の一部改正

危険物の規制に関する規則等の一部が改正され、鋼製一重殻の直埋設タンクの規制が強化されます!

予防課危険物保安係からの重要なお知らせ!

危険物の規制に関する規則の一部を改正する省令(平成22年総務省令第71号)及び危険物の規制に関する技術上の基準の細目を定める告示の一部を改正する件(平成22年総務省告示第246号)が、平成22年6月28日に公布され、平成23年2月1日より施行されることとなりました。(なお、改修期限は平成25年1月31日までとなっております。)

改正内容

既設の地下貯蔵タンクの設置年数、塗覆装の種類及び設計板厚が一定の要件を満たすものが、「腐食の恐れが特に高い地下貯蔵タンク」又は「腐食の恐れが高い地下貯蔵タンク」に区分され、内面の腐食を防止するコーティング等の措置を講ずることが必要となりました。(措置が必要なタンクは、下記のとおりです。)

措置が必要なタンク
措置が必要なタンク

注意

地下貯蔵タンクの仕様及び設置年数に応じて腐食のおそれが特に高い地下貯蔵タンク等の判定を行うことから、改正省令及び改正告示が施行された後も、地下貯蔵タンクの設置年数の経過に伴い、ある時点から腐食のおそれが特に高い地下貯蔵タンク等の要件に該当することとなる場合があり、その時点で内面の腐食を防止するためのコーティング等の措置を講じる義務が生じます。 したがって、危険物施設で地下貯蔵タンクを所有している設置者の方は、当該タンクの仕様、設置年数、使用予定年数等を踏まえ、この点も念頭に置いた適切な措置を講ずるようお願いいたします。 また、内面ライニングを施行する際に、タンクの状態を調べますが、その結果、タンクの腐食が著しく進んでいる場合等、消防法令の基準に適合しない場合は、内面ライニングが施行できないだけでなく、タンクの使用もできなくなります。

経過措置

「腐食のおそれの特に高い地下貯蔵タンク」及び「腐食のおそれの高い地下貯蔵タンク」に係る流出防止対策については、平成25年1月31日までの間は、なお従前の例によることとされています。

お問い合わせ

管轄の消防署予防係又は消防局予防課危険物保安係まで。[消防の管轄区域]

  • 消防局予防課危険物保安係  電話(086)234-9975
  • 岡山市北消防署予防係     電話(086)226-1119
  • 岡山市西消防署予防係     電話(086)256-1119
  • 岡山市中消防署予防係     電話(086)275-1119
  • 岡山市東消防署予防係     電話(086)942-9119
  • 岡山市南消防署予防係     電話(086)262-0119

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

消防局予防課 危険物保安係
電話:086-234-9975
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。