このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  防災・消防 >  住宅用火災警報器 >  住宅用火災警報器の設置を義務付ける消防法改正が行われた理由は?



ここから本文です。

住宅用火災警報器の設置を義務付ける消防法改正が行われた理由は?

質問

 住宅用火災警報器の設置を義務付ける消防法改正が行われた理由は?

回答

 消防法では、住宅の防火安全性について、その住宅に居住する人の自己責任において安全性を確保すべきであるとの思いから、基本的に規制の対象とはしていませんでした。
 しかしながら、住宅火災で亡くなる方が急増している現状から、市民社会における自己責任を全うしていただくため、効率的・効果的に死者発生の抑制を図れるよう、最低限の義務付けがやむを得ず必要になっているとの判断から、消防法を改正し、住宅用火災警報器の設置及び維持が義務化されました。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

消防局予防課
電話:086-234-1199
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。