このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  防災・消防 >  小学生向け >  消防車は何種類ぐらいあるのですか?



ここから本文です。

消防車は何種類ぐらいあるのですか?

質問

消防車は何種類ぐらいあるのですか?

回答

 現在岡山市には、ポンプ車、タンク車、化学車、救助工作車(きゅうじょこうさくしゃ)、震災工作車(しんさいこうさくしゃ)、はしご車、泡放射砲車(あわほうしゃほうしゃ)、電源照明車(でんげんしょうめいしゃ)、支援車(しえんしゃ)、水そう車、人員輸送車(じんいんゆそうしゃ)、資機材車(しきざいしゃ)、指揮車(しきしゃ)があります。そのほかにヘリコプター、救急車があります。
 また緊急車ではないので消防車とはいえませんが、起震車(きしんしゃ)、地震体験車(じしんたいけんしゃ)、消火・通報訓練指導車、救急指導車、予防広報車などがあります。
 また、同じポンプ車でも車両や積載(せきさい)するポンプの製造(せいぞう)メーカーがちがう場合があります。

救急車と消防車の絵

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

消防局消防企画総務課
電話:086-234-9970
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。