このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  防災・消防 >  小学生向け >  火事の時着て行く服(防火衣)は、何度まで耐(た)えることができますか?



ここから本文です。

火事の時着て行く服(防火衣)は、何度まで耐(た)えることができますか?

質問

火事の時着て行く服(防火衣)は、何度まで耐(た)えることができますか?

回答

 防火衣は3層構造になっていて、一番外側がゴアテックス、次に不燃性繊維、内側が難燃性繊維でできていて 、1200℃の温度で17.5秒まで耐えられることになっていますが、実際はそれを着る人間が高温に耐えられません。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

消防局消防企画総務課
電話:086-234-9970
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。