このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  防災・消防 >  消防関連 >  消防局車両紹介 >  岡山市西消防署の特殊車両



ここから本文です。

岡山市西消防署の特殊車両

特殊災害対応自動車<岡山西救助2>

岡山西救助2号車

 NBC災害(放射性物質、生物剤、化学物質などの漏洩、飛散、流出による災害)などの特殊災害に対応する車両です。
 隊員の安全確保と迅速な救助活動のために、汚染された外気が内部に入ることがない陽圧構造となっていることが最大の特長です。
 汚染された外気を特殊フィルターで浄化してから分析室に送り込みます。このことにより、隊員は災害現場に直接乗り付け、有害物質をいち早く特定して的確に危険物回収活動及び救助活動を開始できます。
 車両後部には、各種防護服・NBC資機材を積載する収納庫を備えています。
 特殊災害対応車は高度救助資機材と同様に特別高度救助隊の必須装備のひとつです。


はしご車<岡山西梯子1>

岡山西梯子1号車

 スーパージャイロラダーと呼ばれる40m級のはしご車は、車両長さ11.3m、幅2.5m、高さ3.5mで、西署で最も大きい車両です。
 はしごの起立角度は-10~75度で、仰角のみではなく、俯角、すなわち斜め下方向にはしごを伸ばすことが可能で、例えば水難事故等で、はしご車の位置よりも低い位置に要救助者がいる場合に有効です。

はしご車40m全伸長

  はしご先端のバスケット(最大積載荷重270キログラム)やリフター装置など、様々な現場に対応できる機動力をはじめ、自動的にはしごを水平に保つ「ジャイロテーブル」、急激な動作による危険を防止する「操作速度自動制限装置」、誤作動による事故を防止する「インターロック装置」、はしごに発生した揺れを瞬時に検出し、その揺れを打ち消すことができる「制振制御装置」など、さまざまな最新の制御技術が搭載されています。


水そう車<岡山西水槽1>

岡山西水槽1

 車両長さ9.2m、幅2.5m、高さ3.2mと非常に大きい車両です。重量は約22トンもあり、西署で最も重い車両です。
 後方の水槽に、水を10トン積載可能です。高速道路、バイパス高架上など水利のない場所や、NBC災害等で大量の水が必要な場合にも出動します。
 蛇口を装備しており、緊急時の生活用水としても使用可能です。


このページに関するお問い合わせ

岡山市西消防署特別救助隊

西消防署
電話:086-256-1119 ファクス:086-256-1137
所在地:〒700-0066 岡山市北区野殿西町427番地1[地図
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。