このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  防災・消防 >  消防お知らせ >  南消防署からのお知らせ >  熱中症を予防しましょう!



ここから本文です。

熱中症を予防しましょう!

ある日の訓練中のことです。

消防職員がホースを担いで訓練をしている様子

 消防職員がホースをかついで一生懸命走っていますね。

 この日は、気温が高く、湿度も高く、風が吹いていなかったので、いつもよりも暑く感じる日でした。


おや!訓練していた職員の様子がおかしいです!

訓練していた職員の体調が悪そうな様子

 訓練していた職員の体調が悪そうですね。

 立つことができないみたいです。

 気分が悪そうな表情をしています。

 はっきりと話すことができないようです。


 汗をいっぱいかいています。

 これは、熱中症かもしれません!


熱中症になったときはどうすればよいですか?

体調の悪い職員を休ませている様子

 日かげになっている涼しい場所で休ませます。

 上着などを脱がせて涼しい服装にさせます。

 水分や塩分を補給させます。
 


皆さまが熱中症にならないために気をつけること

このような日は熱中症になりやすいです!


  • 気温が高い日

  • 湿度が高い日

  • 風が弱い日

  • 急に暑くなったとき



熱中症にならないための対策


  • 外出するときは、日傘や帽子で日よけしましょう。

  • 涼しい服装で過ごしましょう。

  • 水分をこまめにとりましょう。

  • こまめに休憩しましょう。

  • しっかり睡眠をとりましょう。


家の中にいても熱中症になることがあります!


  • 家の中でも、風通しのよくない部屋は室温が高くなります。

  • 室温の高い部屋にいると、体に熱がこもって熱中症になります!


高齢者の方へ


  • 体温を下げるための体の反応が弱くなっています。

  • 自覚がなくても熱中症になりやすいです。

  • のどが渇かなくても水分をとりましょう。

  • 家にいるときは、涼しい部屋で過ごしましょう。


幼児のお子さまがいる保護者の方へ

暑さでばてている子どもの様子


  • 幼児は体温を調節する機能が未熟で、熱中症になりやすいです。

  • 地面に近いほど気温が高いため、幼児は大人以上に暑い環境にいます。

  • 外で遊ぶときは、帽子をかぶらせましょう。

  • こまめに休憩や水分補給をさせましょう。



より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

南消防署
電話:086-262-0119 ファクス:086-264-3935
所在地:〒702-8023 岡山市南区南輝二丁目2番5号[地図
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。