このページのトップ



現在位置 :  トップページ > よくある質問 >  防災・消防 >  救急 >  応急手当をした後、法的責任は問われないの?



ここから本文です。

応急手当をした後、法的責任は問われないの?

質問

応急手当をした結果、かえって症状が悪化してしまった場合、法的責任は問われないのですか?

回答

市民が善意で実施した応急手当の結果については、故意による重大な過失がない限り
法的に責任を問われることはありません。
もし、応急手当が必要な場面に出くわしたら、勇気を出して実施してください。
しかし、安全の確保は十分行ってください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

消防局救急課
電話:086-234-9967
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。