このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  消費生活 >  架空請求が横行しています!



ここから本文です。

架空請求が横行しています!

身に覚えのない請求にご注意ください

 利用した覚えがない架空の、有料アダルト番組の利用料、出会い系サイトの情報料、債権などを請求する文書が、電子メール、はがき、封書、電報で届いた、どうしたらよいかという相談が、当相談室へ大量に寄せられています。請求書には「入金がない場合には自宅や勤務先へ回収に出向く」など、不安を感じる文言も書かれています。
 苦情は現在も寄せられており、いまだに減少する気配はありません。
 数年前から、このような悪質な手口は繰り返されており、再発防止策の網の目をくぐって、新たな手口が次々に出てきています。例えば、これまで請求書には送金先として銀行口座名が明記されていましたが、金融機関の対処が厳しくなると、今度は現金書留での送金、電話で送金先を知らせるなどの方法が考え出されました。
 岡山市消費生活センターでは、こうした架空請求に対して次のように対処するようアドバイスします。

架空請求の概要

 まったく根拠のない架空請求が横行しています。これらは、何らかの名簿を入手した悪質事業者が、その名簿に基づき、アトランダムに根拠のない請求書を大量に送ったものと思われます。請求書を送りつけられた人の中には、過去に自分が使った別事業者の請求と勘違いしたり、関わりたくなくて振り込んでしまったり、家族が使ったと思いこんだりして、支払ってしまう人もいるでしょう。こういった、勘違いやかかわりになりたくない気持ちなどに付け込む手口です。

架空請求を受けたときは…

無視しましょう

 架空請求に対して消費者ができる対応は、支払わずに放置することです。

個人に関する情報を守る

 郵送で架空請求をされた場合は、請求書が実際に届いているので、事業者はあなたの名前と住所は知っていることになります。また、電子メールによる請求の場合では事業者はあなたのメールアドレスを知っていることになります。新たに、電話番号などの個人的な情報を知られてしまったら、今度は電話などの別の手段で請求してくることが予想されます。これ以上個人的な情報を知られることを避けるためにも、請求書等に記載された連絡先に連絡することは絶対にしないでください。

おかしい?と思ったらまず相談

 請求された内容について不明な点があったり、不安を持った場合には、相手に連絡・料金を支払う前に、まず相談してください。

   岡山市消費生活センター 相談専用電話 (086)803-1109

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民生活局生活安全課 消費生活センター
電話:086-803-1105 ファクス:086-803-1724
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。