このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  住まい・生活 >  消費生活 >  「貸します詐欺」にご注意ください



ここから本文です。

「貸します詐欺」にご注意ください

 最近、大手金融機関などを装って、「お金を貸します」といった内容の偽者DM(ダイレクトメール)・携帯メール等を送りつけて、保証金や保険金名目でお金を騙し取る新手の手口が急増しています。
 このような詐欺行為を「貸します詐欺」といいます。被害にあわないよう十分ご注意下さい。(以下、東京都ホームページから抜粋)

騙されないための心得三箇条

第一のポイント

取引関係のないところから突然送られてくる、「お金貸します」とのダイレクトメール(DM)・携帯メール等に注意。
(低金利で、しかも高額を貸し付けるかのような広告に注意)

第二のポイント

融資をする前に、様々な口実でお金を振り込まそうとする手口に注意。
(保証料、保険料などの名目で必ずお金を要求してきます)

第三のポイント

「貸します詐欺」かもしれないと感じたら、送金の前に国、県、市などお近くの消費生活相談窓口へ問い合わせください。

こんな手口に注意!

被害事例1

 九州地方在住の女性は、9 月下旬、自宅に送られてきたDMを見て50 万円の融資を申し込んだところ、担当者から翌日連絡があり「本審査が通りました。登録料5 万5 千円が必要です。そのお金は融資のときに返還します。」などと言われ振り込んでしまった。
 その後、「登録のエラーが出たのでもう一度振り込んでください。」「保証人は要りませんが一時保険金に加入のため12 万3 千円が必要です。」などといわれ、総額22 万3 千円を振り込んだが、その後の融資が行われなかった。
 DMでは大手の金融機関のグループ会社を装っていたが、東京都の調べでは、そのような業者はいなかった。

被害事例2

 東北地方在住の男性は、10 月中旬、携帯電話サイトで知った業者に、180 万円(金利0.9%)の融資申し込みをしたところ、「信用を確認するため、当社と取引している金融業者から融資を受けてください。そしてその金を郵便小包で送ってください。そのお金は、消費者金融解約センターを通じてこちらから返金します。」などといわれ、大手金融業者の2 社から総額90 万円の融資を受け、指示通り全額を送金してしまった。
 東京都の調査では、その業者は都知事登録業者を名乗っていたが、架空の業者であった。また既に電話も通じない状態にあった。

※ 以上の手口のほかにも、「信用保証機関への紹介」や「債務データの改善」など様々な理由をつけて、融資をする前に必ずお金を振り込ませようとします。騙されないよう十分ご注意ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民生活局生活安全課 消費生活センター
電話:086-803-1105 ファクス:086-803-1724
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


消費生活相談専用 (岡山市役所本庁舎2階)
相談電話:086-803-1109
相談時間:月曜日から金曜日 午前9時から午後4時まで(祝日・年末年始を除く)
※土日祝日の相談は、消費者ホットライン 188(イヤヤ!)をご利用ください。
 (年末年始12月29日から1月3日を除く)


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。