このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 事業者情報 >  計量検査  >  立入検査その他 >  風袋量とは?



ここから本文です。

風袋量とは?

風袋量とは、次のようなものをいいます。

  • トレーやラップ等、容器・包装の重量
  • タレ・わさび・ソース等、添え物の重量
  • 吸水紙やバラン等の重量

風袋量と量目・価格の関係

風袋量は商品の目方には含まれません。量目不足の原因として多いのが、この風袋量が商品の目方に含まれ計量されてしまう場合です。風袋量が商品の目方に含まれていたとすると、その分余計に代金を支払うことになります。

風袋量の例(素材や大きさにより異なります)

トレイのイラスト

スーパー等で使用されるトレイ
3~20グラム程度


お茶の袋のイラスト

お茶の袋
6~12グラム程度


より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民生活局生活安全課 消費生活センター
電話:086-803-1105 ファクス:086-803-1724
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。