このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  組織・部署案内 >  市民協働局 >  女性が輝くまちづくり推進課 >  さんかくウイーク2018



ここから本文です。

さんかくウイーク2018

今年は、「笑顔咲き 個性が輝く さんかく社会」をテーマに、約1か月間にわたるイベントを通じて、性別にかかわらず、市民一人ひとりの個性が輝く「住みよいまち、住みたいまち」の実現に向けて市民の皆様の男女共同参画への理解を深めていただけるよう、実行委員と事務局スタッフが性別や世代を超えて協力し合い、様々なイベントを企画・運営しました。

全体チラシ

オープニングイベント(平成30年6月10日 さんかく岡山)

パレードの様子

オープニングイベントは恒例の表町商店街のパレードでスタートしました。
蓮昌寺保育園・ 若草幼児舎の園児の皆さんによる鼓笛隊が、岡山天満屋前から、さんかく岡山まで商店街の中を元気いっぱいに行進し、多くの方々に、さんかくウイークの開幕をPRしました。


セレモニーの様子

パレードの後に、さんかく岡山にて、オープニングセレモニーを行いました。
セレモニーの最後には、蓮昌寺保育園・若草幼児舎の園児さんたちの「さんかくウイーク2018はじまるよ!」という元気いっぱいの開会宣言があり、約1か月にわたって開催される「さんかくウイーク2018」が開幕しました。


オペレッタの様子

セレモニーの後には、中国学園大学こどもサポート「まっしろ」さんによる、オペレッタ「すてきな帽子屋さん」が始まりました。
うさぎや犬などの動物たちが自分に似合う帽子を買いに帽子屋さんにやってくるお話でしたが、軽快なオルガンの音色に合わせて楽しく歌を歌いながら進むお話に、子どもたちは夢中で見入っている様子でした。


書道パフォーマンスの様子

オペレッタの後には、さんかくウイークのテーマ(「笑顔咲き 個性が輝く さんかく社会」)等を題材とした書道作品の作成を岡山県立岡山南高等学校 書道部の皆さんに書道パフォーマンスとして実演していただきました。
軽快な音楽と、元気な掛け声とともに、ひと筆ひと筆に心を込めて、生徒さんが入れ替わりでリズミカルに力強い線を大きさな紙の上に描いていきました。
完成した作品は、さんかく岡山前の新西大寺町商店街(表町三丁目)や6月24日に開催した記念イベント会場(市民文化ホール)ステージ上に掲示されました。


商店街掲示の様子


ダンスパフォーマンスの様子

ギャラリーで、桃太郎Dance Crewのみなさんが4つのグループに分かれてそれぞれがヒップホップやロックなどのさまざまなダンスを披露してくださいました。
自己紹介や、普段の活動の紹介を含んだMCを合間にはさみながら、息のぴったりあったダンスを合計6曲キレキレ・ノリノリ・笑顔で踊ってくださり、観客席からもリズムにのりながら自然と手拍子がおこるなど、老若男女問わず楽しめる盛り上がったステージでした。


フラダンスの様子

ストリートダンスに引き続き、ギャラリーでハウオリーズ・マサコ・アケタ・フラスタジオのみなさんによる「みんなでLet’Sフラダンス」が開催され、優雅なフラダンスの実演を披露していただきました。
フェナーレには、観客のみなさんもフラダンスに参加していただき、会場全体で楽しんでいただきました。


ガラスタイルコースター作りの様子

性別・年齢も関係なくみんなで会話をしながら楽しめる企画として、ガラスタイルのコースター作りを実施しました。
実際に生活で使用する目的でコースターを作成している方が多く、楽しいイベントの思い出をお家に持ち帰っていただくことが出来ました。


完成したタイルコースター


ワールド・カフェの様子

ワールド・カフェ
「男女の本音。リアルトーク~男女の意識差を話し合おう~」
講師・ファシリテーター 中塚 朋子(就実大学准教授)

実行委員である大学生からの提案をもとに、半年間かけて委員で話し合いを重ねて準備を進めてきたワールド・カフェ(ワークショップ)を開催しました。今回のイベントはワールド・カフェ形式を採用することで、議論を進める中でグループメンバーの席移動を重ねながら、多くの人と話し合いができ、多様な意見や考え方にふれることで、自身を見つめ直すきっかけとしてもらうことを目的としました。さらに就実大学中塚朋子准教授のミニ講座を行うことにより、話し合いに必要なジェンダーの基礎知識が得られる構成で企画されました。
閉会後もグループで知り合った参加者同士が、談話で盛り上がっている様子が多く見受けられ、思ったことを素直に伝えあったことで、初対面でも打ち解けてイベントを楽しんでいただけたのではないかと思います。


二胡とギター演奏の様子

アークスクエア1階オープンスペース(さんかく岡山1階入口付近)では、胡弓で中国の美音を楽しむ会の方と実行委員による「二胡とギターの調べ」が行われました。
二胡の表情豊かな音色とギターの音色がシンクロし、新西大寺町商店街(表町三丁目)を通行する方々も足を止めて聞き入っていました。
演奏会の後には二胡の体験会も実施しました。


二胡体験会の様子


中国茶カフェの様子

「二胡とギターの調べ」会場横では、中国茶の入れ方を聞きながら、ジャスミンの花の香りがする美味しい中国茶とお菓子をいただく「中国茶カフェ」を出店しました。


さんかく屋台の様子

実行委員とその家族等の人達による、アットホームなお店「さんかく屋台」を出店しました。焼きそばを焼く鉄板の音やソースの香りに引き寄せられるようにたくさんの人が集まり、買う人の列ができていました。


フォトコンテスト応募作品展示の様子

さんかくウイークでは初の試みとなるフォトコンテストを開催しました。「男の手料理」と題し、男性が料理をしている姿と完成した料理の写真の2点をセットにしての募集を行ったところ、17名からの応募がありました。女性に偏りがちな家事とされる「料理」を男性も楽しむきっかけとなればとの思いで展示を企画いたしました。


記念イベント(平成30年6月24日 市民文化ホール)

記念イベントチラシ

講演会の様子

講演会 自分らしく輝くということ~夢を力に変える~
講師 向井 亜紀さん(タレント)


「がんサバイバーとして生活する中で見つけた本当に大切なもの。仕事、子育て、一人の時間...大事にしなければいけないものはたくさんあるけれど、夢をもって自分らしく生きることとは何なのか。」 
闘病体験などから得られたヒントを向井さん流にお話しいただきました。


交流会の様子

講演会にご来場いただいた皆様からは

•前向きに生きて行くことの大切さ。胸のスクリーンに何をうつすか、しっかり考える。夢や、あれしたい、これしたいという気持ちをしっかり持って、それを力に変えて頑張って叶えたいと思いました。
•向井亜紀さんの言葉は体験を通しての事だったので非常に重く心に響きました。
•私自身もがん患者として向井さんのお話には本当に共感し、励まされました。
•健診に行こうと思いました。自分のつらい話を人々のためにされる向井さんはすばらしいと思いました。
•心と身体は連動している事が良くわかった。希望・夢を1つでも多く明確に持つ事が大切なんだなぁと思いました。

といった多くの声をいただきました。


男女共同参画社会の形成の促進に関する事業者表彰

両備ホールディングス表彰状授与の様子

受賞企業 両備ホールディングス株式会社 様

選考理由
多岐にわたる事業を展開する両備グル―プ全体でダイバーシティ・マネジメントを進めるため、グループ内の異なる会社・部署に所属するメンバーで構成するワークライフバランス/ダイバーシティ推進チームを立ち上げ、女性活躍推進や働き方改革に関する様々な情報を社内セミナーや社内広報を通じて発信しています。 また、女性が活躍するためには、誰もが「働きやすく」「働きがいのある」職場環境が必要と考え、男女ともに利用できる「両備フレキシブル ワークプラン」を創設し、勤務日数軽減や短時間勤務などにおいて、正社員の身分を保証したうえでの制度整備を図り、育児・介護のなどの事情を抱える社員が柔軟な働き方を選択できるよう支援しています。
このようなことから、社員のワークライフバランスを支援するとともに、性別にかかわらず働きやすい職場環境づくりを推進しているものとして高く評価いたしました。


特定非営利活動法人輝くママ支援ネットワークぱらママ表彰状授与の様子

受賞企業  特定非営利活動法人 輝くママ支援ネットワーク ぱらママ 様 

選考理由
子育て女性の再就職・就労継続サポートのため、出張託児サービスや各種セミナー、母親同士の交流の場づくり、求人情報の提供などの応援事業を幅広く展開。 また、自らの経験や子育て女性の要望を基に、豊かな発想で事業を主体的に企画し、様々な「あったらいいな」を実現するとともに、社会全体に取組の輪を広げています。
このようなことから、女性の希望に応じた働き方への積極的な支援を行い、社会における女性労働者の能力発揮を促進しているものとして高く評価いたしました。


さんかくウイーク2018ポスターイラスト最優秀賞表彰

イラスト最優秀賞作品

最優秀賞 佐々木 麻緒 様

授賞理由
ハートの形に描かれたさんかく社会は虹色に包まれ、人と人のつながり、様々な心模様が表現され、温かい気持ちにさせてくれます。一人ひとりの個性や多様な生き方がユーモラスに表現され、満面に笑みを浮かべる顔は一面に咲いた花々のようです。左右に広げたしなやかで優しい翼は、虹色のさんかく社会、男女が互いにそれぞれの生き方を認め合い、支え合い、尊重し合う希望や喜びに満ちた思いが、笑顔や可愛らしいお団子のような手から伝わってきます。  
「笑顔咲き 個性が輝く さんかく社会」の未来を赤い蝶ネクタイで凛々しく結んだ素晴らしい作品です。


イラスト最優秀賞賞状授与の様子

「笑顔咲き 個性が輝く さんかく社会」のテーマで募集したさんかくウイーク2018のポスターイラストの応募作品162点の中から最優秀賞に選ばれた佐々木 麻緒さんに賞状と副賞を授与しました。


添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民協働局 市民協働部 女性が輝くまちづくり推進課
電話:086-803-1115 ファクス:086-803-1845
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。