このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  市民活動・町内会 >  男女共同参画 >  男女共同参画に関する苦情処理制度



ここから本文です。

男女共同参画に関する苦情処理制度

苦情を通じて市政を見直す

「さんかく条例」に基づく苦情処理

 市民、自治組織及び事業者は、市が実施する施策であって男女共同参画社会の形成に影響を及ぼすと認められる施策に関して苦情があるときは、「さんかく条例」の規定に基づき、一定の手続により、その苦情を市へ申し出ることができます。
 この苦情の申出があった場合は、民意を反映した的確かつ効果的な苦情の解決に向け、男女共同参画専門委員会からの答申を踏まえて、市の制度や運営の改善を図ります。

苦情の申出ができるのは?

 ・本市の区域内に住所を有するもの
 ・本市の区域内に事業所を有する事業者

苦情の申出の方法は?

 苦情申出書に必要事項を記入して、女性が輝くまちづくり推進課へ持参または郵送してください。

苦情の対象は?

 市が実施する施策であって男女共同参画社会の形成に影響を及ぼすと認められる施策についての苦情。   ※私人間での人権侵害行為については、この制度の対象となりません。


苦情処理のプロセス

これまでの苦情処理

 ・平成16年度

関係規定

・さんかく条例(関係部分抜粋)

(目的)
 第1条 この条例は,男女共同参画社会の形成に関し,基本理念並びに市,市民,自治組織,事業者及び教育の責務を明らかにし,男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の基本的事項を定めることにより,男女共同参画社会の形成を総合的かつ計画的に推進し,もって性別性別等にかかわらず市民一人ひとりの個性が輝く「住みよいまち,住みたいまち」を創ることを目的とする。
 
(定義)
 第2条 この条例において,次の各号に掲げる用語の意義は,それぞれ当該各号に定めるところによる。
(1) 男女共同参画社会 性別等にかかわらず,全ての人が社会の対等な構成員とし て,その個性と能力を十分に発揮する機会が確保されることにより,自らの意思によ って社会のあらゆる分野における活動に参画し,ともに責任を担うこと(以下「男女 共同参画」という。)が実現される社会をいう。
(2) 性別 生物学的な性別及び社会文化的に形成された性別をいう。
(3) 性自認 自己の性別についての認識をいう。
(4) 性的指向 どの性別を恋愛の対象とするかを表すものをいう。
(5) 性別等 性別,性自認,性的指向等をいう。
(6) 配偶者等 配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律(平成1 3年法律第31号。以下「法」という。)第1条第3項に規定する配偶者及び法第2 8条の2に規定する関係にある相手をいう。
(7) 自治組織 町内会,自治会その他の市内の一定の区域に住所を有する者の地縁 に基づいて形成された団体をいう。
(8) 積極的改善措置 社会のあらゆる分野における活動に参画する機会についての 男女間の格差を改善するため必要な範囲内において,男女のいずれか一方に対し,当 該機会を積極的に提供することをいう。
 
(苦情の処理)
 第20条 市民,自治組織及び事業者は,市が実施する施策であって男女共同参画社会の形成に影響を及ぼすと認められる施策に関し苦情があるときは,規則で定める手続により,市長に申し出ることができる。
2 市長は,前項の申出を受けたときは,適切に処理するものとする。
3 市長は,前項の苦情の処理に当たっては,岡山市男女共同参画専門委員会の意見を聴かなければならない。

・さんかく条例施行規則(関係部分抜粋)

 (趣旨)
第1条 この規則は,岡山市男女共同参画社会の形成の促進に関する条例(平成13年市条例第34号。以下「条例」という。)の施行に関し,必要な事項を定めるものとする。
 
 
 (定義)
第2条 この規則で使用する用語の意義は,条例で使用する用語の例による。
 
 
 (苦情の申出)
第8条 条例第20条第1項の苦情の申出(以下「苦情の申出」という。)は,次に掲げる事項を記載した書面を市長に提出して行わなければならない。
(1) 申出を行う者の氏名(法人その他の団体にあってはその名称及び代表者の氏名)
(2) 申出を行う者の住所(法人その他の団体にあっては事務所又は事業所の所在地)
(3) 申出の趣旨及び理由
(4) 前3号に掲げるもののほか,市長が別に定める事項
2 前項の苦情の申出ができる者は,市民,自治組織又は本市の区域内に事業所を有する事業者とする。
 
 
  (苦情処理の決定)
第9条 市長は,前条に定めるところにより苦情の申出があったときは,条例第20条第3項の規定に基づき,専門委員会への諮問を経て当該苦情の処理についての決定を行うものとする。
2 前項の場合において,市長は,専門委員会からの答申を尊重するものとする。

・苦情処理要綱

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民協働局 市民協働部 女性が輝くまちづくり推進課
電話:086-803-1115 ファクス:086-803-1845
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。