このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  政策・企画 >  男女共同参画 >  輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 「行動宣言」



ここから本文です。

輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 「行動宣言」

市役所の女性も輝きます!

  平成26年3月28日、首相官邸で開催された「輝く女性応援会議」を契機に、女性の活躍促進に積極的に取り組んでいる企業の男性リーダーによる「輝く女性の活躍を加速する男性リーダーの会 行動宣言」が取りまとめられ、男性リーダー間で女性の意欲を高めそのもてる力を最大限に発揮できるよう行動宣言を共有し、内閣府を中心に賛同の輪を広げる活動が行われています。

   岡山市長は、この活動に自治体首長として初めて賛同登録を行いました。岡山市内の男性リーダーの皆様にもこの取組を知っていただき、今後、賛同の輪が広がることで本市における女性の活躍が進むことを期待しております。

   あわせて、指定都市市長会議に設置された女性の社会進出プロジェクトにおいて、女性の社会進出を促すための政策提案を行うとともに、その中で「まず隗より始めよ」の考えのもと、政令指定都市自らの女性の登用を含めた取組姿勢を示すこととしております。
 

私たちの取組 ~キーワードは「女性が輝くまちづくり」~

    「行動宣言」の3つの柱「自ら行動し、発信する」「現状を打破する」「ネットワーキングを進める」
に沿って、つぎのような活動を行っています。

隗より始めよ~女性が輝く職場づくりのために~

岡山市役所から「女性が輝くまちづくり」を始めます!!

  「子育て休暇」取得率100パーセントを達成しました!
  •  取得できる期間を、産後8週間から1年に延長します。
  •  女性も取得できる制度に改善します。
  •  連続5日間の取得で育児への積極的な関わりを持てるようにします。
  •  所属長による取得しやすい環境づくりを進めます。
女性管理職へのキャリア形成を支援します!
  •  男女ともに、育児休業取得を昇任に影響させないようにします。
  •  女性活躍推進のための研修を充実します。

岡山市の女性管理職の登用率30パーセントへ!!

  •  平成30年4月1日現在、課長級以上の管理職の女性割合は11.6パーセントです。

隗より始めよ~女性職員が輝く職場づくりのために~ について詳しくはこちらをご覧ください


岡山市女性が輝くまちづくり推進本部の設置

女性が輝くまちづくり推進本部

   本市における女性が輝くまちづくりの推進及び男女共同参画社会の形成の促進に関する施策の総合的な調査・企画及びその具体的な取組に関することを進めるため、岡山市女性が輝くまちづくり推進本部を設置しています。 平成30年度は5月18日に開催し、各部局の取組を話し合うなど、率直な意見交換も行いました。


女性が輝く!市長ミーティング

女性が輝く!市長ミーティング

   平成26年8月28日、女性職員8名と懇談会を開きました。仕事と家庭生活との両立、仕事に対する思い、市役所の慣習に対しての考えなどをテーマに話しました。

   男性職員の働き方についての話の中から、仕事と家庭の両立に関する職場の空気は変わりつつあることを実感しました。この変化を大切にしていきながら、仕事と家庭生活に対し、やりがいと責任を持って働くことができる職場を、オール岡山市で職員と一緒に作ってまいります。


女性が輝く!政策スキルアップ研修の実施

女性が輝く!政策スキルアップ研修

組織の意思決定層(管理職層)への女性職員登用率向上に向け、将来を見据えた人材 の育成として、専門分野のみならず、政策立案過程や職場マネジメントにおいて女性職員 の能力が最大限発揮されるよう、職員研修を通じて女性職員のキャリア形成支援に取り組んでいます。


添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民協働局 市民協働部 女性が輝くまちづくり推進課
電話:086-803-1115 ファクス:086-803-1845
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。