このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  相談窓口 >  DV・セクハラ・人間関係の悩み >  岡山市男女共同参画相談支援センター(配偶者暴力相談支援センター)



ここから本文です。

岡山市男女共同参画相談支援センター(配偶者暴力相談支援センター)

岡山市男女共同参画相談支援センターでは、配偶者暴力相談支援センターの機能を持ち、 DV被害者の方への相談に応じ支援をしています。

話をじっくり伺って一緒に考えていきます

~気がねなく
     こんな時にはご相談ください~

・夫婦・親子・恋人・家族関係などのことで悩んでいる
・地域・職場・学校などで人間関係に悩んでいる(セクハラ等)
・夫(妻)・パートナー・交際相手から暴力を受けている
・自分のセクシュアリティについて悩んでいる(LGBT等)
 

イラスト1

相談ほっとライン

電話番号表示

相談受付時間
      月曜、水曜から土曜 午前10時から午後7時30分
      日曜、祝日       午前10時から午後4時30分
休館日:火曜(火曜日が祝日の場合は次の平日)、年末年始  

イラスト2



話してみませんか?
~もっとあなたらしく生きるために~

こんな支援をしています。

電話・面接相談 
 相談員による電話相談・面談相談(予約制)
 問題の解決に向けた情報提供や相談機関等の紹介
 緊急時における安全確保に向けた支援
 保護命令・保護施設についての情報提供
 相談は無料です。秘密は固く守ります。

  • 面接相談をご希望の方は、事前に電話でご予約ください。

特別相談(相談無料・予約制)
 必要に応じ専門家による相談が受けられます。
 *弁護士による「法律相談」
 *カウンセラーによる「心理相談」 
 *精神科医による「心の悩み相談」

緊急一時保護(24時間対応しています。)
 DVで緊急に逃げる必要があるときは相談ホットラインにお電話ください。
 あなたを安全な場所にご案内します。

イラスト3

ドメスティック・バイオレンス(DV)とは

身体的暴力(身体的暴行)
 
・殴られたり、蹴られたり、髪をひっぱられる。
 ・刃物などの凶器を体につきつけられる。

精神的暴力(心理的攻撃)
・殴る、物を投げつけるなどのふりをして脅される。
・ののしったり、からかったり、無視される。
・「一生つきまとってやる」「離婚するなら子どもは渡さない」などと脅される。

 性的暴力(性的強要)
・性行為を強要される。
・見たくないポルノ雑誌などを見せられる。

 経済的暴力(経済的圧迫)
・生活費を渡してくれない。
・お金の使い方について、細かく口出しされる。
・外で働くことを禁じられる。
 
 社会的暴力(社会的拘束)
・携帯電話やメールを勝手にチェックしたり、アドレスを無断で削除される。
・行動を監視し制限される。
 

card

子どもの前で暴力を振るわれるなど、
子どもを巻き込んだDVは
“児童虐待”です。


他言語でのご案内

現在、作成中です。

関連情報

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

市民協働局 市民協働部 女性が輝くまちづくり推進課
電話:086-803-1115 ファクス:086-803-1845
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。