ペルシアの宝物-至高のガラスと銀の世界
トップページ 概 要 見どころ アクセス 関連事業 トピックス
ペルシアの宝物

イラン南部から興ったサーサーン朝(後226-651年)はオリエントの大半をその支配下においた、アケメネス朝以来のイラン系王朝です。西方ではローマ・ビザンツ帝国、東方ではエフタルなどの遊牧民国家と対峙し、260年にはローマ皇帝ヴァレリアヌスを捕虜としたほどの強精を誇りました。またサーサーン朝の優雅な宮廷文化は周辺地域に影響を与え、中国ひいては日本の美術・工芸に多大な影響を与えたことはよく知られています。

シルクロードによる古代の東西交易の一端が実物によって明らかとなったのは1959年、イランの首都テヘランの古物商におけるカット・ガラス碗の発見に端を発します。東京大学イラク・イラン調査団団員だった故深井晋司氏(元当館顧問)によって正倉院御物白瑠璃碗がサーサーン朝の所産であることが明らかとなったのです。後に作家松本清張や井上靖がペルシアの文物を題材とした小説を発表するなど、シルクロードに対する関心が社会現象となった頃を記憶している市民も多いことでしょう。

本展では当館と中近東文化センター(東京都三鷹市)が所蔵するサーサーン朝の文物を中心にサーサーン朝文化の精華を紹介いたします。あわせてペルシア文化が奈良朝の日本人や高度経済成長期の日本文化に与えた影響を考え合わせ、「日本人にとってのオリエント、ペルシアとは何だったのか」をひもときます。


鍍金銀製女神文水注
鍍金銀製女神文水注
5-7世紀 イラン
中近東文化センター附属博物館
トピックス
オリエント美術館ブログ「オリエンタの美術館日記」で展覧会情報の連載を始めました(2010/10/6)
ペルシアの宝物-至高のガラスと銀の世界」特設サイトを設置しました(2010/10/2)
入 館 料
個人 団体
一般 800円 700円
65才以上の方・高大生 600円 500円
小中生 400円 300円

*前売りは一般700円、65才以上の方・高大生500円。岡山市内主要プレイガイド、当館周辺のギャラリー等で扱っています。
*団体は20名以上。
*障害者手帳をお持ちの方とその付添の方1名は無料です。

お問い合せ:岡山市北区天神町9-31 岡山市立オリエント美術館
Tel. 086-232-3636 Fax. 086-232-5342
E-Mail によるお問い合せはこちら