このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 子育て・教育 >  保育園・幼稚園・認定こども園 >  保育園・幼稚園・認定こども園等の利用に関すること >  幼児教育・保育の無償化の対象となるための手続き



ここから本文です。

幼児教育・保育の無償化の対象となるための手続き

無償化の対象となるためには、事前に市の認定を受ける必要があります。

 無償化の範囲や、無償化の対象となるための認定申請手続きは、利用施設等により異なります。
 ご利用の施設等にあわせて、手続きの内容をご確認ください。

注意事項等
  • 令和元年10月1日から無償化の対象となるには、令和元年9月13日(金曜日)までに、市の窓口(就園管理課、各福祉事務所)へ認定申請書を提出していただく必要があります。
  • ただし、今年度、認可保育園等の利用申し込みをしている方で、令和元年10月1日以降も有効な支給認定証をお持ちの方は、改めて認定申請を行う必要はありません。
  • 令和元年9月13日(金曜日)までに申請を受け付けたものについては、内容を審査のうえ、令和元年9月末までに認定結果を通知する予定です。
  • 認定を受ける前に利用した保育サービス等は、無償化の対象になりません。
  • 無償化による利用料の給付(償還払い)手続きについては、詳細が決まり次第、お知らせします。 
  • 無償化に伴う子どもの認定区分については、以下の添付ファイルをご覧ください。

1.認可保育園、認定こども園、幼稚園(新制度未移行幼稚園を除く)を利用する場合

無償化の範囲
  • 3歳児クラスから5歳児クラスまでのすべての子どもの利用料が無料になります。(教育利用は満3歳から)
  • 0歳から2歳児クラスまでの子どもは、住民税非課税世帯を対象として利用料が無料になります。
手続き … 不要
  • 施設の利用にあたり、「教育・保育給付認定」を受けているため、改めて手続きをする必要はありません。

2.新制度未移行(私学助成)幼稚園、国立幼稚園を利用する場合

無償化の範囲
  • 新制度未移行(私学助成)幼稚園は、満3歳から小学校就学前の子どもの利用料が、月額25,700円を上限に無償化されます。
  • 無償化の対象となる利用料は、保育料及び入園料です。(入園料については、入園初年度に限り、月額に換算して無償化の対象となります。)
手続き … 必要
  • 「施設等利用給付認定(1号)」が必要です。
  • 利用(予定)施設を通じ、「施設等利用給付認定申請書(1号)」を提出してください。

3.幼稚園や認定こども園等の預かり保育を利用する場合

無償化の範囲
  • 3歳児クラスから5歳児クラスまでの子どもは、幼稚園、認定こども園の教育利用に加え、預かり保育の利用料が日額450円×利用日数(月額上限11,300円)まで無償化されます。
  • 満3歳到達後、最初の3月31日までの間にある住民税非課税世帯の子どもは、幼稚園、認定こども園の利用に加え、預かり保育の利用料が日額450円×利用日数(月額上限16,300円)まで無償化されます。
  • 預かり保育の実施時間等が少ない園に通っている場合(平日の預かり保育の提供時間数が8時間未満又は年間開所日数が200日未満)は、上記の各月額上限の範囲内で認可外保育施設等の利用料も無償化されます。
手続き … 必要
  • 保育の必要性の認定=「施設等利用給付認定(2号又は3号)」が必要です。
  • 利用(予定)施設を通じ、「施設等利用給付認定申請書(2・3号)」を提出してください。
  • 保育の必要性の事由に応じて、「保育利用事由証明書」等を添付してください。

4.認可外保育施設、一時預かり事業等を利用する場合

無償化の範囲
  • 3歳児クラスから5歳児クラスまでの子どもは、月額37,000円まで利用料が無償化されます。
  • 0歳から2歳児クラスまでの住民税非課税世帯の子どもは、月額42,000円まで利用料が無償化されます。
  • 幼稚園、認可保育園、認定こども園、企業主導型保育事業、地域型保育事業を利用している場合は、認可外保育施設、一時預かり事業などの利用料は、無償化の対象となりません。
  • 預かり保育の実施時間等が少ない園に通っている場合(平日の預かり保育の提供時間数が8時間未満又は年間開所日数が200日未満)は、預かり保育の無償化上限額の範囲内で認可外保育施設等の利用料も無償化されます。
手続き … 必要
  • 保育の必要性の認定=「施設等利用給付認定(2号又は3号)」が必要です。
  • 利用(予定)施設を通じ、「施設等利用給付認定申請書(2・3号)」を提出してください。(幼稚園及び認定こども園に在園中の場合は、幼稚園及び認定こども園を通じて提出してください。)
  • 保育の必要性の事由に応じて、「保育利用事由証明書」等を添付してください。

無償化に関するお問い合わせ先

無償化コールセンター
(※令和元年8月1日開設)

電話:086-226-0202
(平日の午前8時30分から午後5時15分まで)

  • 認定について        就園管理課      電話:086-803-1432
  • 副食費について(私立)  保育・幼児教育課  電話:086-803-1228
  • 副食費について(公立)  幼保運営課      電話:086-803-1225 

関連情報

添付ファイルは新しい画面で開きます。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe Reader(無償)が必要です。
お持ちでないかたは、アドビシステムズ社のサイト(新しい画面で開きます)からダウンロード・インストールしてご覧ください。

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山っ子育成局 保育・幼児教育部 就園管理課 支援係
電話:086-803-1432 ファクス:086-803-1842
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。