このページのトップ





ここから本文です。

支給認定について

子ども・子育て支援新制度に移行した「保育園」、「認定こども園」、「幼稚園」、「地域型保育事業」等を利用するためには、子どものための教育・保育給付について、岡山市の『支給認定』を受けていただく必要があります。

(岡山市民が他の市町村の幼稚園・認定こども園等を利用する場合も対象です。)

認定区分について

 支給認定は、お子さんの年齢と保育の必要性によって、下表のとおり3種類の認定区分に分けられます。
 また、認定区分によって、利用できる施設が異なります。

年齢 認定区分 保育の必要性 利用できる施設
満3歳以上 1号認定 教育標準時間 なし ◇幼稚園
◇認定こども園
2号認定 保育標準時間

保育短時間
あり ◇認可保育園
◇認定こども園
満3歳未満 3号認定 保育標準時間

保育短時間
あり ◇認可保育園
◇認定こども園
◇地域型保育事業
 (小規模保育等)
  • 2号・3号認定は、保護者の方の就労など、「保育の必要性」の事由に該当する場合に受けることができます。
  • 2号・3号認定の場合は、「保育の必要性」の事由により、保育の必要量に応じて「保育標準時間(最長11時間までの利用)」又は「保育短時間(最長8時間までの利用)」のいずれかの認定となります。
  • 支給認定を受ける際の年齢と、施設が受け入れる際の年齢区分とは、必ずしも一致しません。

子ども・子育て支援新制度に関するページ 【内閣府】

支給認定申請について

 支給認定が必要な施設については、施設の利用申し込みと合わせて、支給認定申請が必要です。

教育利用を希望する方(1号認定)

 幼稚園や認定こども園の「教育利用」については、希望園へ直接、利用を申し込み、各園の選考(抽選など)によって利用の可否が決定されます。
 また、支給認定が必要な園では、次のとおり支給認定の申請が必要になります。 

教育施設 支給認定申請方法

市立幼稚園
市立認定こども園

 希望園への利用申し込み(入園願)と同時に、園を通じて市に「支給認定申請書」を提出します。

私立幼稚園
私立認定こども園

 希望園の指示に従って園に利用申し込みを行い、入園内定を受けた後、園を通じて市に「支給認定申請書」を提出します。
  ※子ども・子育て支援新制度に移行していない私立幼稚園は、支給認定が不要です。

 支給認定申請書(1号認定用)の書き方や、教育利用の申込方法など、詳細は各年度の「教育利用ガイド」をご覧ください。

保育利用を希望する方(2号・3号認定)

 認可保育園、認定こども園及び地域型保育事業の「保育利用」については、市に利用希望を申し込み、保育の必要性に基づいた入園調整によって利用の可否が決定されます。
 また、利用申し込みと同時に支給認定の申請を行うことになります。

 支給認定申請書(2号・3号認定用)の書き方や、保育利用の申込方法など、詳細は各年度の「保育利用ガイド」をご覧ください。

関連情報

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

支給認定や利用手続についてのお問い合わせ先

岡山っ子育成局 保育・幼児教育部 就園管理課
電話:086-803-1431、1432 ファクス:086-803-1842
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。