このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 市政情報 >  岡山市プロフィール >  市域の広がり >  岡山市のプロフィール 市域の広がり



ここから本文です。

岡山市のプロフィール 市域の広がり

岡山市の市域変遷図

 明治22年の市制施行以来13回にわたって周辺市町村の合併等を行っています。
 特に昭和44年の西大寺市との合併、46年の9町村(一宮町、津高町、高松町、吉備町、妹尾町、福田村、上道町、興除村、足守町) との合併、50年5月の藤田村との合併によって飛躍的に広がりました。
 さらに平成17年3月には御津町、灘崎町と、平成19年1月には建部町、瀬戸町と合併し、現在の市域面積は789.95平方キロメートル、旧備前国、備中国、美作国3カ国にまたがる広大な市域となりました。


現在までの合併等の流れ

明治22年6月1日

市制施行
(市域変遷図の赤い部分)

明治32年8月1日

御津郡御野村、伊島村、石井村、鹿田村、古鹿田村、福浜村の各一部及び上道郡三櫂村を編入
(市域変遷図の青い部分)

大正10年3月1日

御津郡伊島村、石井村、鹿田村の3か村および御津郡御野村の大部分を編入
(市域変遷図の青い部分)

昭和6年4月1日

上道郡宇野村、平井村、御津郡福浜村を編入
(市域変遷図の青い部分)

昭和27年4月1日

御津郡牧石村、大野村、白石村、今村、芳田村、児島郡甲浦村、上道郡三蟠村、沖田村、操陽村、富山村を編入
(市域変遷図の薄灰色の部分)

昭和28年3月1日

御津郡牧山村、赤磐郡高月村の各一部を編入
(市域変遷図の薄灰色の部分)

昭和29年4月1日

上道郡高島村、幡多村、財田町、児島郡小串村及び御津郡御津町の一部を編入
(市域変遷図の薄灰色の部分)

昭和44年2月18日

西大寺市を編入
(市域変遷図のピンク色の部分)

昭和46年1月8日

御津郡一宮町、津高町、吉備郡高松町を編入
(市域変遷図の黄緑色の部分)

昭和46年3月8日

都窪郡吉備町、妹尾町、福田村を編入
(市域変遷図の黄緑色の部分)

昭和46年5月1日

上道郡上道町、児島郡興除村、吉備郡足守町を編入
(市域変遷図の黄緑色の部分)

昭和50年5月1日

児島郡藤田村を編入
(市域変遷図の水色の部分)

平成8年4月1日

中核市に移行

平成17年3月22日

御津郡御津町、児島郡灘崎町を編入

平成19年1月22日

御津郡建部町、赤磐郡瀬戸町を編入

平成21年4月1日

政令指定都市に移行

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山市役所
電話:086-803-1000(代表) ファクス:086-225-5487
所在地:〒700-8544 岡山市北区大供一丁目1番1号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分祝日・年末年始は閉庁


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。