このページのトップ



現在位置 :  トップページ > くらし・手続き >  防災・消防 >  防災情報マップ(岡山市地図情報) >  土砂災害危険箇所マップ(3種類)について



ここから本文です。

土砂災害危険箇所マップ(3種類)について

避難所 | 洪水 | 津波 | 土砂災害 |

地滑り危険箇所マップ

 比較的緩やかな斜面において、地中の粘土層など滑りやすい面が地下水の影響などでゆっくりと動き出す現象を地すべりといいます。一度に広い範囲が動くため、ひとたび発生すると住宅、道路、鉄道、耕地などに大きな被害を及ぼし、川をせき止めて洪水等を引き起こすことがあります。
 このような被害が生じる恐れのある箇所を、『地滑り危険箇所』といいます。
 地すべり危険箇所調査では、地形図や空中写真の判読により、地すべり地形を呈する地域の面積が5ha(市街化区域等にあっては2ha)以上で、人家や公共施設等に被害を及ぼす恐れがある箇所を抽出しています。

地図凡例


地図凡例


急傾斜崩壊危険箇所マップ

 地面にしみこんだ水分が土の抵抗力を弱め、弱くなった斜面が突然崩れ落ちるのががけ崩れです。突発的に起こり瞬時に崩れ落ちるので、逃げ遅れる人も多く、死者の割合も高くなっています。また、地震をきっかけに起こることもあります。
 このような被害が生じる恐れのある箇所を、『急傾斜崩壊危険箇所』といいます。
 急傾斜地崩壊危険箇所調査では、傾斜度30°以上でその高さが5m以上の急傾斜地のうち、がけ崩れにより人家や公共施設等に被害を及ぼす恐れがある箇所を抽出しています。

地図凡例

急傾斜崩壊危険箇所マップ


土石流危険渓流マップ

 谷や斜面に貯まった土・砂・石等が、梅雨や台風などの集中豪雨による水と一緒になって、一気に流れ出してくるのが土石流です。破壊力が大きく速度も速いので、大きな被害をもたらします。
 このような被害が生じる恐れのある箇所を、『土石流危険渓流』といいます。
 土石流危険渓流調査では、土石流発生の恐れが高いとされている3°以上の渓床勾配を有する渓流のうち、土石流により人家や公共施設に被害を及ぼす恐れがあるものを抽出しています。

地図凡例

土石流危険渓流マップ


より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

下水道河川局下水道河川計画課 
電話:086-803-1499
所在地:〒700-8554 岡山市北区大供一丁目2番3号[地図
開庁時間:月曜日から金曜日 午前8時30分から午後5時15分 祝日・年末年始は閉庁
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。