本文へ>

サイト内検索

+サイトマップ / +English / +お問い合わせ

展示スケジュール

トップページ > 展示スケジュール

年間展示スケジュール

2019年度

会期 テーマ 会場

2020年2月15日(土曜日)から

4月5日(日曜日)

常設展 岡山の歴史と文化/岡山市埋蔵文化財発掘調査速報展

坪田譲治とおかやま

5階 常設展示室

注:展覧会名称および展示内容等は、都合により変更になる場合があります。

2020年度

会期 テーマ 会場

2020年4月11日(土曜日)から

5月6日(水曜日・祝日)

常設展 「岡山の歴史と文化」

5階 常設展示室

2020年6月9日(火曜日)から

7月5日(日曜日)

企画展 「第43回 岡山戦災の記録と写真展」

4階 企画展示室,
5階 岡山空襲展示室

2020年6月9日(火曜日)から

8月2日(日曜日)

企画展 「鉄道のまち・おかやま(仮称)」

5階 常設展示室

2020年7月18日(土曜日)から

8月30日(日曜日)

特別展 「スケスケ展-スケると見える仕組みの世界-」

4階 企画展示室

2020年8月9日(日曜日)から

9月22日(火曜日・祝日)

特別展 「絵師100人展 08」

5階 常設展示室

2020年10月31日(土曜日)から

11月15日(日曜日)

企画展 池田家文庫絵図展 「岡山・大坂と海の道」

5階 常設展示室

2020年12月1日(火曜日)

から2021年2月7日(日曜日)

常設展「岡山の歴史と文化」
小企画「岡山市埋蔵文化財発掘調査速報展」

5階 常設展示室

2020年12月18日(金曜日)から

2021年2月23日(火曜日・祝日)

企画展 「ホキ美術館名品展」

4階 企画展示室

2021年2月16日(火曜日)から

3月28日(日曜日)

3月8日から3月12日は展示替休館

常設展「岡山の歴史と文化」
小企画「切抜帖からみた明治V(仮称)」

5階 企画展示室

2021年3月13日(土曜日)から

3月28日(日曜日)

常設展「岡山の歴史と文化」
小企画「第41回SSP展(日本自然科学写真協会)」
5階 常設展示室

2021年3月20日(土曜日・祝日)

から5月9日(日曜日)

特別展「ムーミンコミックス展」 4階 企画展示室

注:展覧会名称および展示内容等は、都合により変更になる場合があります。

開催中の展示

常設展 岡山の歴史と文化 / 岡山市埋蔵文化財発掘調査速報展 / 坪田譲治とおかやま

開催期間:2020年2月15日(土曜日)から4月5日(日曜日)

開催場所:5階 常設展示室

「岡山市埋蔵文化財発掘調査速報展」は岡山市教育委員会文化財課が毎年市民ホールで開催している最新成果の報告展です。

平成26年度からは、会期も内容も豊かにして岡山シティミュージアムでも開催しています。

 

「坪田譲治とおかやま」は生誕130年を迎える坪田譲治の業績を紹介するとともに、坪田譲治文学賞歴代受賞作品を展示します。

常設展「岡山の歴史と文化」詳細はこちら

小企画展「岡山市埋蔵文化財発掘調査速報展 」詳細はこちら

小企画展「坪田譲治とおかやま」詳細はこちら

▲ページトップへ

2020年度開催予定の展示

常設展 岡山の歴史と文化

開催期間:2020年4月11日(土曜日)から5月6日(水曜日・祝日)

開催場所:5階 常設展示室

岡山の誇る歴史、美術はもとより、暮らしのあり方・自然なども含めて、「おかやま」を特徴づける様々な事象をわかりやすく紹介しています。

 

今回は備前焼などの器を中心に展示します。

▲ページトップへ

開催予定の展示

企画展 第43回 岡山戦災の記録と写真展

開催期間:2020年6月9日(火曜日)から7月5日(日曜日)

開催場所:4階 企画展示室

2020年は終戦から75年目を迎えます。

戦争による被害は大きく、戦場となった沖縄は壊滅的に破壊され、都市空襲と原爆によって焦土となった都市は66を数えました。

各地では追悼と戦争への反省のもと、事実と記憶を伝える努力が続けられてきました。

今年で開室8年目を迎える岡山空襲展示室もその後継であるといえます。岡山空襲直後から人々がどのような想いで記録を残したのかを資料と共にご紹介し、先人の平和への想いを受け取っていただきたいと思います。

 

岡山空襲について

岡山市は1945年(昭和20)6月29日に市街地中心を目標とした大規模な空襲を受け、当時の市街地の63パーセントを失い、1737人を越える死者が出ました。

▲ページトップへ

開催予定の展示

企画展 鉄道のまち・おかやま(仮称)

開催期間:2020年6月9日(火曜日)から8月2日(日曜日)

開催場所:5階 常設展示室

路面電車とともにあゆんだまちの姿を古写真等で紹介するコーナーを中心に、明治24年の山陽鉄道岡山開業以来、鉄道交通の結節点としてあゆむ岡山のまちと鉄道との関わりをひもといていく展示です。

 

▲ページトップへ

開催予定の展示

特別展 スケスケ展―スケると見える仕組みの世界―

開催期間:2020年7月18日(土曜日)から8月30日(日曜日)

開催場所:4階 企画展示室

スケスケ展とは、様々な生物や物の中身を「スケる(透ける)」を通じて紹介する展覧会です。

デジタル技術を用いたスケる体験や、骨格模型 / 透明生物の展示など、外と中との意外な関係性を感じたり予想外の発見があったりと、子どもから大人まで幅広い世代の興味をくすぐります。

夏休みの思い出づくりや学習にぴったりの展覧会です。

▲ページトップへ

開催予定の展示

絵師100人展 08

開催期間:2020年8月9日(日曜日)から9月22日(火曜日・祝日)

開催場所:5階 常設展示室

世界から注目を集めるポップカルチャーとして人気のある日本のマンガやアニメ。その分野で活躍するクリエーター(=絵師)が展覧会のために描きおろした作品を一堂に集め、 ファン層のみならず岡山に斬新な企画を持ち込んだとして、幅広く注目された企画の第6回目です。

 

▲ページトップへ

開催予定の展示

第16回 池田家文庫絵図展 「岡山・大坂と海の道」

開催期間:2020年10月31日(土曜日)から11月15日(日曜日)

開催場所:5階 常設展示室

岡山大学附属図書館が所蔵する池田家文庫は、江戸時代の藩政史料を中心とする大名家文書で、中でも「絵図」が豊富に残っていることに特徴があります。

平成17年3月に岡山市と岡山大学との間で結ばれた「文化事業協力協定」により、資料の教育面での活用や市民への公開を進める目的で、平成17年より毎年共同で展覧会を開催しています。

 

本年度は「岡山・大坂と海の道」をテーマに開催いたします。

 

▲ページトップへ

開催予定の展示

常設展 岡山の歴史と文化 / 岡山市埋蔵文化財発掘調査速報展

開催期間:2020年12月1日(火曜日)から2021年2月7日(日曜日)

開催場所:5階 常設展示室

岡山市教育委員会文化財課が毎年市民ホールで開催している最新成果の報告展。

平成26年度からは、会期も内容も豊かにして当館でも開催しており、今回で7回目の展示です。

 

▲ページトップへ

開催予定の展示

企画展 ホキ美術館名品展

開催期間:2020年12月18日(金曜日)から2021年2月23日(火曜日・祝日)

開催場所:4階 企画展示室

ホキ美術館は、日本で初めての写実絵画専門館として2010年に千葉市に開館しました。

主に現代日本の画家による作品を収集・展示しています。今回の展示では、約65点の作品により、まるで実物のように緻密な写実画の粋を堪能できる展覧会です。

▲ページトップへ

開催予定の展示

常設展 岡山の歴史と文化 / 切抜帖から見た明治Ⅴ

開催期間:2021年2月16日(火曜日)から3月28日(日曜日)(3月8日から12日は展示替休館)

開催場所:5階 常設展示室

西大寺の旧商家に伝えられ、当館に寄贈された明治時代の切抜帖(いわばスクラップブック)から、明治の世相をひもといていく展示の第5弾です。

 

▲ページトップへ

開催予定の展示

常設展内小企画 第41回SSP展(日本自然科学写真協会作品展)

開催期間:2021年3月13日(土曜日)から3月28日(日曜日)

開催場所:5階 常設展示室(常設展に併設)

一般社団法人日本自然科学写真協会(通称SSP)の会員による、顕微鏡、昆虫や鳥など動物、植物、水中、風景、天体等、多彩なジャンルの写真展。

当館では開館以来可能な年には継続的に開催しており、毎年楽しみにしている人も多い展示です。

日本の自然科学写真の粋を集めた第一級の写真展です。

 

▲ページトップへ

開催予定の展示

特別展 ムーミンコミックス展

開催期間:2021年3月20日(土曜日・祝日)から5月9日(日曜日)

開催場所:4階 企画展示室

ムーミン童話の原作者トーベ・ヤンソン(1914~2001年)による初めての漫画は1947年から2年間フィンランドの「NyTid」紙に掲載されました。1954年になるとイギリスの「イブニング・ニューズ」紙で連載がスタートします。

主にトーベが絵と台詞を書き、弟のラルス・ヤンソン(1926~2000年)がネタ探しと英訳を担当しました。1960年からの15年間はラルス一人で漫画制作を担当し20年に亘る連載は人気を不動のものにしました。

本展ではムーミンキャラクターズ社の所蔵品の中から280余点を日本初公開致します。

▲ページトップへ

Copyright (C) CLASSIX CAMERA All Rights Reserved.