本文へ>

岡山シティミュージアム

サイト内検索

+サイトマップ / +English / +お問い合わせ

展示スケジュール

トップページ > 展示スケジュール > 岡山空襲展示室 特別展「託したもの届かぬ思い」

岡山空襲展示室 特別展「託したもの届かぬ思い」

岡山空襲展示室 特別展「託したもの届かぬ思い」,2018年12月5日(水曜日)から2019年2月11日(月曜日・祝日)

開催期間:平成30(2018)年12月5日(水曜日)から平成31(2019)年2月11日(月曜日・祝日)まで

開催場所:岡山空襲展示室(岡山シティミュージアム5階)

アイコン展覧会チラシPDF版(6.2メガバイト) ダウンロード>>>

先の戦争では、非常に多くの方が生命を失い、傷を負い、大切な家族を失いました。一般市民でありながら空襲によって犠牲となった人々、兵士や軍属として戦争に参加することによって亡くなられた人々。そして大事な人を失ってしまった人々。岡山空襲展示室はこうした記憶と記録を守り、未来に伝えることにより、平和への思いが皆様の胸にいだかれることを目標とし、平成24年10月1日に開室しました。

本年、新しいこころみとして、こうした戦争のいたみを鋭く私たちに問いかける「POST WAR」シリーズなどの作品を継続して制作してきた太田三郎、戦争未亡人を丹念に取材し、彼女たちの現在の姿から過去を考えさせる写真を撮影してきた柴田れいこの作品をご紹介する展覧会を開催します。岡山初公開となる太田三郎の「世紀の遺書」は、戦犯として処刑された人々が遺した遺書を扱った作品です。また、柴田れいこの作品は、取り残された未亡人たちの、長年積み重ねた思いとその後の人生を写し取っています。

戦争によってその人生を失った人々と、亡くなられた人を今も待っている人々。多くの人々の伝えたい思い、伝えられなかった思い。こうした哀しみに鋭い視線をあてた作品は、理屈をこえて私たちにその痛みを伝えてくれます。もしかすると、戦争を知らない現代の私たちはこうした作品によってのみ、歴史的な事実の中に落とし込めない人間の感情を感じることができるのかもしれません。このこころみを通じて、皆様の心の中に、平和のたねが広がり芽吹いていくことを希望します。

主な出展作品
  • 太田三郎「POST WAR 72 世紀の遺書」シリーズ20点(平成29年8月発表、岡山初公開)

  • 柴田れいこ「届かぬ文」シリーズ54点(平成27年発表)

開催概要関連行事

開催概要

会期

平成30年12月5日(水曜日)から平成31年2月11日(月曜日・祝日)まで

会場

岡山空襲展示室(岡山シティミュージアム5階)

開館時間

午前10時から午後6時

休館日

平成30年12月10日(月曜日)、12月17日(月曜日)、12月31日(月曜日)

平成31年1月1日(火曜日)、1月7日(月曜日)、15日(火曜日)、1月21日(月曜日)、1月28日(月曜日)、2月4日(月曜日)

入場料

無料

主催

岡山市

後援

岡山市教育委員会、岡山県教育委員会

アクセス

JR岡山駅運動公園口(西口)向かい、リットシティビル南棟4階・5階

岡山駅中央改札を出て西に直進。東西連絡通路を西に進むと左手にミュージアムが見えます。

問い合わせ

岡山空襲展示室

電話番号:086-253-7070(休館日除く)

関連行事

オープニングトーク※終了しました。
開催日

平成30年12月5日(水曜日)

時間

午前10時から(約1時間)

会場

岡山空襲展示室(岡山シティミュージアム5階)

講師

太田 三郎 氏(美術家)、柴田 れいこ 氏(写真家)

参加費

無料(事前申し込み不要)

トークイベント
開催日

平成31年1月26日(土曜日)

時間

午後2時から(約1時間)

会場

岡山シティミュージアム 4階講義室

講師

太田 三郎 氏(美術家)、柴田 れいこ 氏(写真家)

参加費

無料

定員

先着80名(事前申し込み不要、先着順)

ワークショップ「届けたい手紙」
開催日

展覧会開催期間中

会場

岡山空襲展示室(岡山シティミュージアム5階)

参加費

無料

内容

作品や作品のモデルとなった人たち、または作家への思いや感想を手紙に書いて、会場内のポストに投函してください。展覧会の期間中、投函された手紙を会場内に掲示します。なお、手紙は返却いたしません。

※以降、随時更新します。

※記録や広報などに使用することを目的として、写真を撮らせていただきます。あらかじめご了承下さい。

▲ページトップへ

Copyright (C) CLASSIX CAMERA All Rights Reserved.