サイト内検索

+サイトマップ / +English / +お問い合わせ

トップページ > 展示スケジュール > 「魔法の美術館」

魔法の美術館見出し
魔法の美術館

開催期間:平成25年11月29日(金)から平成26年1月5日(日)まで

開催場所:4階企画展示室

魔法の美術館-超体験型!ようこそ光のワンダーランドへ―

光のワンダーランドが、この冬、岡山にやってきます。

「光」をテーマにした国内外で活躍するメディアアーティストたちによる作品、15点をご紹介します。

今回の展示は、「見る」だけでなく、触れたり、参加することで初めて作品が完成します。“インタラクティブアート”と呼ばれる参加型美術作

品は、世代を超えて光のアート体験を楽しむことができます。

「光」は、「影」があることで存在し、「影」は「光」をさえぎることで、人やモノを映し出します。

音響や映像を用いながら制作された様々な形をした光のアートは、人の動きに合わせて変化する光、光の中に潜む影など、様々な形とな

って私たちに表情豊かな“光の姿”を見せてくれます。

さあ、クリスマスや年末年始は、不思議な光の魔法にかけられてみませんか?

開催概要関連行事

開催概要

会期 平成25(2013)年11月29日(金)から平成26(2014)年1月5日(日)まで
会場 4階企画展示室
開館時間 10:00~18:00(最終入場は17:30まで)
[金・土のみ]10:00~19:00(最終入場は18:30まで)
休館日 12月2日(月)、9日(月)、16日(月)、12月30日(月)~1月1日(水)
入場料

【前売券】

一般(高校生以上) 600円  ※9月7日(土)から11月28日(木)まで販売


【当日券】

一般(高校生以上) 800円

65歳以上 700円

小中学生 500円


※小学生未満は無料

※年齢が証明できるものをご提示下さい

※20名様以上の団体は、各当日料金から100円引き(有料対象者のみ適用)

※身体障害者手帳・療育手帳・精神障害者保健福祉手帳をご持参の方とその付き添いの方

    1名は無料

前売券販売所

岡山シティミュージアム5階受付

山陽新聞社サービスセンター/市内主要プレイガイド

チケットぴあ(Pコード 765-865)、ローソンチケット(Lコード 67691)

アクセス JR岡山駅西口向かい、リットシティビル南棟4・5階
岡山駅中央改札を出て西に直進。東西連絡通路を西に進むと左手にミュージアムが見えます。
主催 岡山シティミュージアム、山陽新聞社、OHK岡山放送
問い合わせ 岡山シティミュージアム(電話086-898-3000 FAX 086-898-3003)

関連行事

【ワークショップ】
影絵人形をつくろう※終了しました。
開催日時 12月1日(日) 午後2時30分から3時30分
会場 岡山シティミュージアム 4階講義室
講師 ハナ☆ジョス + コンチョコンチョ
対象 小学生以上15名
参加費 無料(展覧会観覧券要)
申込 ※満席となりました。
内容

オリジナル影絵人形を作ります。

また、ジャワ本場の影絵の透かし彫り人形を作るための道具もご覧いただけます。

関連行事

【ガムラン演奏会と影絵芝居】
「ワヤン・クリ」~音と影で織り成す世界~※終了しました。
開催日時 12月1日(日) 午後4時から5時(開場 午後3時45分)
会場 岡山シティミュージアム 4階講義室
演奏者 ハナ☆ジョス + コンチョコンチョ
定員

60名

参加費 500円(展覧会観覧券要・小学生未満は無料)
申込 不要(先着順)
内容

インドネシア・ジャワ島中部の伝統音楽ガムランの音色に合わせた影絵芝居ワヤンをご覧いただきます。光と影の魅力を存分にお楽しみ下さい。

関連行事

関連行事

【ギャラリートーク】光のワンダーランドツアー
日時 12月6日(金)、13日(金)、20日(金)、27日(金)  各日午後5時から5時30分
場所 岡山シティミュージアム 4階展示室
参加料金

無料(展覧会観覧券要)

申込 不要
内容 学芸員による展示解説。本展の楽しみ方を中心にご紹介します。
【MOMOTAROH FANTASY関連企画】のぞいてキラキラ※終了しました。
開催日時 12月14日(土) 1)午前11時から11時30分, 2)午後2時から2時30分
会場 岡山シティミュージアム 4階講義室
講師 岡山シティミュージアム学芸員
参加費 無料(展覧会観覧権要)
対象

小学生以上・各回ペア15組

参加人数

ペア15組

申込 ※満席となりました。
内容

光がハートの形に見える不思議なルーペを作ります。


「おかやま桃太郎まつり MOMOTAROH FANTASY2013」

2013年11月29日(金)~12月25日(水)予定

午後5時~午後11時 29日は午後6時半から点灯

駅前広場と西口所定エリアを開場に開催し、岡山の冬を代表するイルミネーションイベントです。今年は岡山シティミュージアムへつながるイルミネーションも見どころです。

※以降、随時更新します。

※記録や広報などに使用することを目的として、写真を撮らせていただきます。あらかじめご了承下さい。

※お知らせいただいた個人情報は、今回の企画に関するご連絡をはじめ、企画運営に必要な範囲でのみ使用し、その他には使用いたしません。

【演奏者プロフィール】


HANA★JOSS(ローフィット•イブラヒム+佐々木宏実)

2002年11月にジャワ島ジョグジャカルタで結成されたジャワ芸能ユニット。

ジャワの伝統音楽ガムランと影絵芝居ワヤンの上演、ワークショップ、作曲、演奏指導、アーティストや子どもたちとのコラボレーションを中心に、2005年より日本を拠点に活動。ふいご日和楽団(神戸市)、ティルトクンチョノ(滋賀県甲賀市)コンチョコンチョ(茨木市)の音楽講師。

スタジオ「ルマ・ワヤン」(大阪府茨木市)では、ガムランサークルや、インドネシア語講座も開いている。

いずれのグループ、サークル、講座もメンバー大募集中。

ローフィット・イブラヒム

1979年8月22日インドネシア・ジョグジャカルタ生まれ。

幼少の頃よりガムランとワヤンに魅かれ、演奏を始める。

インドネシア芸術高校(SMKI)を1999年に卒業、インドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科

(ISI)に進み、ISI芸術団のメンバーとして、フィンランドのアジアフェスティバルに参加。

同大学を2004年に卒業し、パクアラマン王宮の楽団に入る。

2005年より日本在住。ダラン(影絵人形遣い手)として、また演奏家としてさまざまな公演、ワークショップ、

音楽指導を行う。

佐々木宏実

1979年7月17日大阪生まれ。

神戸大学発達科学部人間行動表現学科音楽コースに在籍中、1999年ガムランに出会う。

2002年からインドネシア政府奨学生として、インドネシア芸術大学パフォーミングアーツ学部伝統音楽学科に

2年間留学。

大学だけでなく、王宮やラジオ局、村での結婚式など演奏に積極的に参加する他、作曲も行った。

帰国後は日本を拠点に演奏やワークショップの活動を行う。


コンチョコンチョ

コンチョコンチョはジャワ語で友達たちという意味。

本公演ではアナント•ウィチャクソノ、岩本象一、西田有里が参加。

アナント・ウィチャクソノ

1985年ジョグジャカルタに生まれる。ダラン(影絵人形遣い手)として幼少の頃から数多くの舞台に立つ。

2004年には、インドネシア随一のダランであるキ・マンタップ主催のワヤン公演に若手ダランとして出演し成功を収

める。

祖父ルジャール・スブロトと共に、動物たちが主人公の民話を題材にしたワヤン・カンチルを自由な発想で蘇らせ

るなど、伝統的な手法にとらわれないオリジナルのワヤン作品を創作している。

近年はワヤンを用いたアニメーションにも取り組み、インドネシア独立を題材にした作品「ワヤン・レボルシ」がオラ

ンダ各地の美術館、博物館で上映されている。

2008年から2011年には、オランダ文化財団インドネシア・オランダ文化交流プログラムにおいて、オランダの歴史

を基にしたワヤン作品「オレンジ公ウィリアム」を制作し、インドネシア、オランダ両国で上演した。

2010年、ワヤン・カンチルの若手ダランとしての活動が文化保存に貢献したとして、ジョグジャカルタのスルタンよ

り表彰される。

岩本象一

2005年-2008年 インドネシア政府奨学生としてインドネシア芸術大学ジョグジャカルタ校に留学し伝統音楽や伝

統舞踊を学ぶ。

帰国後岡山でジャガムラン教室を開く一方様々な教育機関でワークショップや公演を行っている。

西田有里

2007年からインドネシア政府奨学生としてインドネシア芸術大学ジョグジャカルタ校に留学。

現在は帰国中で、大阪を拠点にさまざまなコンサート活動を行う。

ガムランの女性独唱プシンデンとして、本場ジャワでも活躍。

▲ページトップへ

Copyright (C) CLASSIX CAMERA All Rights Reserved.