このページのトップ



現在位置 :  トップページ > 観光・文化・イベント >  文化(音楽・アート・まつり) >  岡山シティミュージアム >  岡山空襲展示室 特別展「託したもの届かぬ思い」



ここから本文です。

岡山空襲展示室 特別展「託したもの届かぬ思い」

先の戦争では、非常に多くの方が生命を失い、傷を負い、大切な家族を失いました。一般市民でありながら空襲によって犠牲となった人々、兵士や軍属として戦争に参加することによって亡くなられた人々。そして大事な人を失ってしまった人々。岡山空襲展示室はこうした記憶と記録を守り、未来に伝えることにより、平和への思いが皆様の胸にいだかれることを目標とし、平成24年10月1日に開室しました。



本年、新しいこころみとして、こうした戦争のいたみを鋭く私たちに問いかける「POST WAR」シリーズなどの作品を継続して制作してきた太田三郎、戦争未亡人を丹念に取材し、彼女たちの現在の姿から過去を考えさせる写真を撮影してきた柴田れいこの作品をご紹介する展覧会を開催します。岡山初公開となる太田三郎の「世紀の遺書」は、戦犯として処刑された人々が遺した遺書を扱った作品です。また、柴田れいこの作品は、取り残された未亡人たちの、長年積み重ねた思いとその後の人生を写し取っています。



戦争によってその人生を失った人々と、亡くなられた人を今も待っている人々。多くの人々の伝えたい思い、伝えられなかった思い。こうした哀しみに鋭い視線をあてた作品は、理屈をこえて私たちにその痛みを伝えてくれます。もしかすると、戦争を知らない現代の私たちはこうした作品によってのみ、歴史的な事実の中に落とし込めない人間の感情を感じることができるのかもしれません。このこころみを通じて、皆様の心の中に、平和のたねが広がり芽吹いていくことを希望します。



主な出展作品

太田三郎「POST WAR 72 世紀の遺書」シリーズ20点(平成29年8月発表、岡山初公開)


柴田れいこ「届かぬ文」シリーズ54点(平成27年発表)

開催概要


  • 開催期間 平成30年12月5日(水曜日)から平成31年2月11日(月曜日・祝日)まで

  • 開催場所岡山空襲展示室(岡山シティミュージアム5階)

  • 開館時間午前10時から午後6時(最終入場は午後5時30分まで)

  • 休館日平成30年12月10日(月曜日)、12月17日(月曜日)、12月31日(月曜日)

    平成31年1月1日(火曜日)、1月7日(月曜日)、15日(火曜日)、1月21日(月曜日)、1月28日(月曜日)、2月4日(月曜日)

観覧料

無料

より良いホームページ作りのため、みなさまのご意見をお聞かせください。

質問1 : このページの情報は役に立ちましたか?
質問2 : このページの情報は見つけやすかったですか?


このページに関するお問い合わせ

岡山シティミュージアム
電話:086-898-3000 ファクス:086-898-3003
所在地:〒700-0024 岡山市北区駅元町15-1[地図
Eメールでのお問い合わせは専用フォームをご利用ください。


ここまでが本文です。ここからはフッタ(共通部分)です。